(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

4/23発売『ジョンの魂』50周年記念盤から未公開映像を使用した「Look At Me」新作ビデオが公開

Published on

Photo courtesy of Universal Music Group

1968年に自宅で撮影されたジョン・レノン&ヨーコ・オノの未公開プライベート8mmフィルム映像と「Look At Me(ぼくを見て)」の最新”アルティメイト・ミックス”を組み合わせた新しいビデオが公開された。

カメラ・オペレーターのウィリアム・ウェアリングをはじめとする撮影スタッフが記録したこの映像は、モノクロ及びカラーのスタンダード8mmフィルムに記録された”ホーム・ムービー”である。これは、ジョン&ヨーコが『Film No. 5』や『Two Virgins』といった映像作品を制作する合間に撮影されていたものだ。

“レノン・アーカイブズ”から新たに発掘され、今回初公開されたこの映像は、「Look At Me」のニュー・ミックスの音源とともに新たなミュージック・ビデオに仕上げられた。

<関連記事>
『ジョンの魂』50周年盤に合わせて「Mother」が4Kリマスターで公開
ジョン・レノンの初のソロ作『ジョンの魂』発売50周年記念盤発売決定

LOOK AT ME. (Ultimate Mix, 2021) – John Lennon/Plastic Ono Band (4K Official Music Video)

今回のビデオでは、ジョン&ヨーコの日常や彼らの映像制作の舞台裏を垣間見ることができる。たとえば、撮影の合間にアコースティック・ギターを奏でるジョンの映像もそのひとつで、また、アルバム『Sgt. Pepper’s~』に登場したドラム・スキン (デザインはジョー・エフグレイヴが担当) やサイケデリックなアップライト・ピアノ (オランダのデザイン・チーム、ザ・フールのサイモン・ポスチューマとマリク・コジャーによるペインティングが施されている) もフィルムに映し出されている。

さらには撮影の準備をするスタッフ、ジョンがスチール弦を奏でているあいだプールの周りで踊るヨーコなども見ることができる。こうした映像からは、ジョンとヨーコの家庭生活、そしてふたりを結びつけていた強い絆を感じさせてくれる。当時はこの楽曲についてジョンは次のこうに語っていた。

「僕がセラピーの影響下で書いたと思われているいくつかの曲 ―― たとえば “Look At Me” は、実際は、ヤノフと出会ってセラピーを受ける1年くらい前に書き上げていた。だけどテーマは同じだ。”僕を見て”とか、”僕は誰?”とか、その手のことがテーマになっている。だからあのアルバムに入れたんだ。それでも、実のところ、あれは以前から温めていた曲なんだ」

JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND – THE ULTIMATE COLLECTION. DELUXE BOX SET.

「Look At Me」は、2021年4月23日にリリースされる『ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)』の50周年記念盤であるアルティメイト・コレクションの2曲目に収録されている。アルバム『ジョンの魂』はジョン・レノンが大きな変化を遂げた影響力の大きい名盤だ。

この8枚組のスーパー・デラックス・ボックス・セットは、ジョン・レノン自身が”これまでに成し遂げた最高の仕事”と語っていた『ジョンの魂』をより深く理解し、さらに濃密なリスニング体験を可能にする作品になっている。

このボックス・セットはヨーコ・オノ・レノンの完全な許諾を得て作られており、ヨーコはボックスのプロデュースやクリエイティヴな方向性も監修。また今回のボックス・セットは2018年に高評価を得た『イマジン:アルティメイト・コレクション』と同じ音響チームが手掛けており、グラミー賞を3度に亘って受賞しているエンジニアのポール・ヒックス、ミキサーおよびエンジニアのロブ・スティーヴンスとサム・ギャノンが引き続き参加している。

この新しい『ジョンの魂』を通じ、聴き手は1970年にEMIのアビー・ロード第2、第3スタジオで行われたレコーディング・セッションを、その場に居合わせたかのような臨場感で追体験することができる。そこでは『ジョンの魂』と共に、ジョンがザ・ビートルズ以降に作った「Give Peace a Chance」「Cold Turkey」「Instant Karma!」などのレコーディングも行われている。

これらの楽曲が誕生する瞬間から最終的なマスターが完成するまでのプロセスを、未発表音源やレアなデモ・テープ、リハーサル、アウトテイク、ジャム・セッション、スタジオでの会話といったさまざまな素材を通じて辿り、今なお愛され続けているこれらの作品が作られた過程のすべてを詳らかてくれるのがこのパッケージだ。

ボックス・セットに収録されている膨大な音源は、すべて24ビット/192kHzで新たにハイレゾ変換したマルチトラック・マスターテープから新規リミックスされ、こうしたさまざまなニュー・ミックスが収録されている。

Written by uDiscover Team



ジョン・レノン『ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)』50周年記念盤
2021年4月23日発売
スーパー・デラックス・エディション2CD1CD2LP




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss