(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

イーサン・ホークとアレッサンドロ・ニヴォラがルービン・ブラザーズ伝記映画の主演に決定

Published on

実生活でも仲が良いことで知られているハリウッド・スターのイーサン・ホークとアレッサンドロ・ニヴォラが、現在計画が進行している1950年代後半から1960年初めにかけて活躍した元祖カントリー・デュオ、ルービン・ブラザーズの伝記映画で主演を務めることになった。今作の仮タイトルは、チャーリー&アイラ・ルービン兄弟が1959年にキャピトル・レコードから発表したゴスペル・アルバムでチャーリーの自伝本のタイトルにもなった『Satan Is Real』からとったものである。

Satan Is Real Louvin Bros

イーサン・ホークとアレッサンドロ・ニヴォラは、先日開催されたカンヌ国際映画祭において、興味を示したバイヤーに今作を紹介し、ゴスペルと世俗音楽において偉大な功績を収めたルービン・ブラザーズの燃え滾る兄弟関係をとらえた作品になるだろうと語った。アラバマ州のセクションに生まれたルービン兄弟のハーモニーはチャーリーのギターとアイラのマンドリンを伴ってより一層の輝きを放っていた。

ルービン・ブラザーズは、当時全米で公開放送されていたラジオ番組“グランド・オール・オプリ”に初めて出演を果たした1955年に、No.1に輝いた「I Don’t Believe You’ve Met My Baby」をはじめとする5つのシングルを全米カントリー・チャートTOP1o入りさせた。その後も1959年の「My Baby’s Gone」他、多くのシングルがTOP10入りする成功を収めていった。

しかしながら、アイラのアルコールや暴力問題にチャーリーが愛想を尽かしたことで、デュオは1963年に解散。その後、チャーリーはソロ活動をスタートし、初のソロ作品で、最大のヒットとなった「I Don’t Love You Anymore」他、30曲ものシングルをカントリー・チャートへと送り込んだが、アイラは1965年に車の事故で亡くなっている。2001年には、デュオとしてカントリー・ミュージックの殿堂入りを果たし、チャーリーは2011年に亡くなった。

アルバム『Satan Is Real』のオープニングを飾る説教じみたタイトル・トラックは彼らの代表曲のひとつとなっている。「僕たちにとって、とても重要な意味を持つ作品なんです」とイーサン・ホークは語る。「激しくて美しい、音楽のあるべき姿そのもののような。攻撃的で、エレクトリックで、不思議さもある。ブルックリン・フォーク・ロックでも、カッコつけたカントリー・ミュージックでもなく、これがヒルビリー・ゴスペルなんです。ステージではそんな歌を歌いながら、バックステージではスピードをやったり、女の子を口説いたり、大喧嘩したりしていました」。

今作の脚本はチャーリー・ルービンの自伝本をもとに、ジョン・レイモンドとシェルビー・ゲインズが脚色を手掛け、フィル・モリソンが監督を務める予定だ。

Written By Paul Sexton


<関連記事>


♪ プレイリスト『This Is The Louvin Brothers』

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss