(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

エルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』サントラからエルトン&主演タロン・エガートンが共演した新曲が先行配信

Published on

2019年8月23日に日本公開される、エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』。この映画のサウンドトラック・アルバムから、エルトン・ジョンとタロン・エガートンの共演による新曲「(I’m Gonna) Love Me Again」が5月16日にリリースされた。

Elton John, Taron Egerton – (I'm Gonna) Love Me Again (Audio)

 

サントラのプロデューサーはザ・ビートルズ作品の再発時ミックスやポール・マッカートニーとの仕事でも知られるジャイルズ・マーティンだが、この新曲のみ、ジャイルズ・マーティンとザ・バード・アンド・ザ・ビーやアデル、シーア、フー・ファイターズ、ベックなどのプロデューサーとして活躍するグレッグ・カースティンが担当している。アップテンポでモータウン風味もある一曲「(I’m Gonna) Love Me Again」は、映画のエンドロールで流れる。

レコーディングは2017年~2019年に、ザ・ビートルズで有名なロンドンのアビイ・ロード・スタジオ及びAIRスタジオで行われた。アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーにはエルトン・ジョン、デヴィッド・ファーニッシュ、マシュー・ヴォーン(『キングスマン』シリーズ監督)、そしてデクスター・フレッチャー(『ボヘミアン・ラプソディ』最終監督)が名を連ねている。

また、映画は5月14日から25日にかけてフランスで開催されている第72回カンヌ国際映画祭で5月16日(現地時間)に世界初公開されることが決定している。


エルトン・ジョン&タロン・エガートン
『ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)』
試聴 / 購入
*日本盤CD発売情報は近日発表


『ロケットマン』特報

映画『ロケットマン』
日本公開日:2019年8月23日

珠玉の名曲にのせて描く、唯一無二の天才アーティストの知られざる物語
グラミー賞を5度受賞、「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や『ライオン・キング』の主題歌「愛を感じて」など、数々の名曲を生みだした生ける伝説エルトン・ジョン。成功街道を走り続けた天才に見える彼だが、実はその道のりは決して平坦なものではなかった 。『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャー監督を迎え、エルトン自身が製作総指揮を手掛けたミュージック・エンタテインメント大作『ロケットマン』。『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが若き日のエルトンを演じ、圧巻のパフォーマンスで彼の半生における〝光と闇〞を珠玉の名曲と共に綴る。

■監督:デクスター・フレッチャー『ボヘミアン・ラプソディ』(最終監督)
■製作:マシュー・ヴォーン、デヴィッド・ファーニッシュ
■製作総指揮:エルトン・ジョン
■キャスト:タロン・エガ-トン『キングスマン』、ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』、ブライス・ダラス・ハワード『ジュラシック・ワールド』シリーズ、リチャード・マッデン『シンデレラ』
■配給:東和ピクチャーズ



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss