(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

アンディ・ギブの3枚のスタジオ・アルバムから選りすぐられたベスト盤発売

Published on

ビー・ジーズの実の弟、アンディ・ギブが残した3枚のスタジオ・アルバム、1977年のプラチナ認定『Flowing Rivers』(邦題:恋のときめき)、1978年のプラチナ認定の『Shadow Dancing』、1980年代のゴールド認定の『After Dark』。このアルバムから選りすぐられたベスト盤『The Very Best Of』が4月13日にCDとデジタル配信で発売されることが発表となった。

Andy Gibb – I Just Want To Be Your Everything (Live 1977)

 

iTunesなどのデジタルでは本日から予約がスタートしており、P.P.アーノルドをフィーチャーした「Will You Love Me Tomorrow」が先行で配信されている。

このベスト盤には、15曲が収録され、その中には「I Just Want To Be Your Everything」(邦題:恋のときめき)、「Shadow Dancing」、「(Love Is) Thicker Than Water」(邦題:愛の面影)の3曲の全米シングルチャート1位楽曲も収められる。他にもオリビア・ニュートン=ジョンをゲストに迎えた「I Can’t Help It」や、アンディ・ギブの実の兄であるビー・ジーズの3人、バリー・ギブ、ロビン・ギブ、モーリス・ギブが参加した「Desire」も収録される。


674-1127_KAK_extralarge

アンディ・ギブ『The Very Best Of』

2018年4月13日発売

btn_store_link download_jtunes_link  applemusic_1711_800_link


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss