(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

1位はモーツァルトの歌劇《魔笛》。クラシック名盤シリーズ『クラシック百貨店』室内楽、歌劇&声楽編、本日発売

Published on

クラシック愛好家へのアンケートに基づく人気ランキングで選盤された名盤シリーズ『クラシック百貨店』第4弾、室内楽、歌劇&声楽編の20タイトルが本日発売になった。

『クラシック百貨店』集計による人気ランキング、室内楽,歌劇&声楽編では、3位が歌劇のジャンルからビゼーの歌劇《カルメン》、2位は室内楽のジャンルからフランクのヴァイオリン・ソナタ、そして、1位は歌劇のジャンルからモーツァルトの歌劇《魔笛》という結果に。

声楽のジャンルでは5位のモーツァルト:レクイエム ニ短調が最高位となり、室内楽、歌劇&声楽編では10位から1位までに、モーツァルトの作品が4曲ランクインする結果となった。

なお、『クラシック百貨店』では1位のモーツァルト: 歌劇《魔笛》はカール・ベーム指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏による1964年に録音された作品が、2位のフランクのヴァイオリン・ソナタにはオーギュスタン・デュメイとマリア・ジョアン・ピリスの演奏による作品、そして、3位のビゼーの歌劇《カルメン》は、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏による名盤が選盤されている。

室内楽,歌劇&声楽編TOP20のラインナップはこちら

そして、今回の『クラシック百貨店』室内楽,歌劇&声楽編のCDのブックレットには、2010年に『さよならドビュッシー』でデビューし、シリーズ累計152万部を超える「岬洋介」シリーズや『護られなかった者たちへ』 『おやすみラフマニノフ』『いつまでもショパン』などの著書で知られる小説家、中山七里がエッセイを書き下ろしている。

今回の寄稿に対して、中山七里は「公言できるほどのクラシック・ファンでもないくせに、ドビュッシーの名曲を素材にした小説でデビューすることができた。従ってクラシックにはひとかたならぬ恩がある。今回、エッセイの依頼を引き受けたのはわずかでもその恩返しができればと考えたからだ。僕の拙い文章で一人でもクラシックに興味を持ってもらえれば、これに勝る喜びはない。」と語っている。

クラシック百貨店シリーズは、今回の室内楽、歌劇&声楽曲編に続き、8月18日にはシリーズ最後となる交響曲編20タイトルの発売を予定。ブックレットには、赤川次郎のエッセイが掲載される。


■プロフィール

中山七里(なかやま しちり)

1961年、岐阜県生まれ。第8回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞受賞作『さよならドビュッシー』にて2010年デビュー。2011年発売の『連続殺人鬼カエル男』も同時に最終選考に残った。岬洋介シリーズをはじめ、御子柴礼司シリーズ(講談社)、刑事犬養隼人シリーズ(KADOKAWA)など著書多数。


■リリース情報

『クラシック百貨店』

発売日:
6/23(水)発売 第1回 器楽曲編 20タイトル
7/7(水)発売 第2回 協奏曲編 20タイトル
7/21(水)発売 第3回 管弦楽曲編 20タイトル
8/4(水)発売 第4回 室内楽、歌劇&声楽曲編 20タイトル
8/18(水)発売 第5回 交響曲編 20タイトル



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss