(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

現代屈指のピアニスト、エフゲニー・キーシンの新作『ザルツブルク・リサイタル』が発売決定

Published on

世界的な人気を誇るピアニスト、エフゲニー・キーシンが2021年8月に行われたザルツブルク音楽祭でのライヴ録音による新作『ザルツブルク・リサイタル』を8月5日(金)に発売することが決定した。

アバド、アシュケナージ、バレンボイム、ジュリーニ、小澤征爾といった世界的指揮者やオーケストラと共演しているキーシンは、1986年からは度々日本ツアーも行っており、日本でも高い人気を集めている世界的ピアニスト。今作に収録されているザルツブルク音楽祭での演奏は、異なるスタイル、背景、国籍を持つ作曲家の魅力的な響きとコントラストに満ちたプログラムになっている。メインのプログラムはウィーンの作曲家、アルバン・ベルク、アメリカの作曲家、ガーシュウィン、ポーランド出身のショパン、そしてロシアの作曲家ティホン・フレンニコフの作品を組み合わせた独創的な選曲。また、アンコールで演奏したメンデルスゾーンやドビュッシーの名曲と、キーシンの自作曲「ドデカフォニック・タンゴ」も収録されている。

Salzburg Festival, Performance Photo Evgeny Kissin © Salzburger Festspiele / Marco Borelli

このアルバムはリサイタルと同様、2021年7月27日に98歳で亡くなったキーシンの唯一の師、アンナ・パブロヴナ・カントールに捧げられたもの。今作についてキーシンは「アンナ・パブロヴナは、私たち家族にとって先生以上の存在でした。彼女は私の唯一のピアノの先生であり、私がピアノでできることはすべて彼女のおかげです」とコメントしている。

なお、本日から先行シングル「ショパン:即興曲 第1番 変イ長調 作品29」の配信もスタートしている。


■リリース情報

エフゲニー・キーシン『ザルツブルク・リサイタル』
2022年8月5日発売
CD / Apple Music / Spotify /Amazon Music 


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss