(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

ヴァイオリニスト諏訪内晶子が芸術監督を務める国際音楽祭、NIPPONがスタート

Published on

©Sonoe

先月6年ぶりとなる新作『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲)』を発売、注目を集めたヴァイオリニスト諏訪内晶子が芸術監督を務める「国際音楽祭NIPPON2022」が、本日からスタートする。2月7日に開催された記者会見でその全容が発表された。東京・名古屋・陸前高田にて、約1か月間にわたり、7企画10公演が予定されている。先月発売されたばかりの新作に収録されたバッハ:無伴奏ソナタ&パルティータの全曲演奏会も東京、名古屋で予定されている。

「感動を紡ぐ」「心をつなぐ」「未来を創る」をねらいとし、バッハの無伴奏ソナタ&パルティータ全曲演奏、一流アーティストたちとの室内楽公演や協奏曲公演、継続する東日本大震災復興応援コンサートや次世代の演奏家を育成する公開マスタークラスなど、ヴァラエティ豊かな企画が盛り込まれた音楽祭。

室内楽公演のうち一夜は現代音楽で構成され、同音楽祭での演奏が世界初演となる望月京の新作も披露される予定だ。また今回初の試みとなるブラームス室内楽マラソン・コンサートでは、ソナタと四重奏以外のブラームスのほぼすべての室内楽が網羅されている。朝10:30から夜21:30まで、今を時めく演奏家たちのアンサンブルが次々と繰り広げられ、通常ソリストとして活躍する諏訪内晶子が、アンサンブルの一員としてハーモニーの一部を担う姿も興味深い。

しなやかに磨き上げられたCDとは一味も二味も違う、一期一会のスリリングな演奏を体験できる貴重なチャンスだ。


■リリース情報

2022年1月19日発売
諏訪内晶子『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲)』
CD / Apple Music / Spotify /Amazon Music


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss