(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ザ・フーの欠かせないライヴ・アンセム「Won’t Get Fooled Again」

Published on

ザ・フーの最高傑作との呼び声も高いアルバム『Who’s Next』だが、その先行シングルとして「Won’t Get Fooled Again(邦題:無法の世界)」がイギリスでリリースされた日である1971年6月25日は、ザ・フーにとって忘れ難い最高の一日になった。ロック界屈指のアンセムの一つであるこの曲の魅力は、今なお全く色褪せていない。

曲はもちろんピート・タウンゼントが担当。そしてプロデュースをバンドとグリン・ジョンズが共同で手がけたこのシングルはアルバム『Who’s Next』のラストに収録されている8分半に及ぶアルバム・ヴァージョンをラジオ向けに3分35秒にエディットしたもので、イギリスのシングル・チャートで9位を記録した。これは彼らがイギリスでトップ10に送り込んだ合計14曲の中うちの10曲目のヒット曲に当たり、アメリカの『ビルボード』のHOT100でも最高位15位をマークした。

Won't get fooled again

ロック評論家のデイヴ・マーシュは、アルバムがリリースされた際、音楽雑誌”Cream”に以下のような論評を寄せている。「これはザ・フーによる久方ぶりの超弩級のロック・ナンバーだ。彼らの固有の魅力を伝える楽曲としては“Pinball Wizard(ピンボールの魔術師)”以来、もしくは“Magic Bus”以来の1曲かもしれない」。

The+Who+Wont+Get+Fooled+Again

この曲が初めてステージで披露されたのは、ザ・フーが、ヤング・ヴィク・シアターで”ワークショップ”的なステージを披露した時で、当時、ピート・タウンゼントは未完に終わったプロジェクト『Lifehouse』に取り組んでいた。その後、「Won’t Get Fooled Again」はザ・フーを代表するロック・アンセムの一つになり、”Live Aid”や”Live 8″といったイベント、アメリカ同時多発テロ事件を受けて開催された”Concert For New York City”のステージでも演奏。現在もなおグループのセット・リストに欠かせない極め付きの1曲になっている。『The Who Hits 50!』のリリースに際して行われたツアーの最後のステージを締め括ったのもこの曲。また2017年春に行われた短期ツアー『Tommy & More』のセット・リストの終盤で満を持して演奏されたのも、この「Won’t Get Fooled Again」である。

Written By Paul Sexton


「Won’t Get Fooled Again」(『Who’s Next』)

 


 

◇『トミー』
◇『フーズ・ネクスト』
◇『ザ・シングルス+10』 

6.20 Release


♪ 『The Who Best Of

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss