(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

ザ・フー史上初、ロック・オペラの傑作『トミー』完全再現公演が発売決定

Published on

ザ・フーの4枚目のアルバムとして1969年5月23日に発売され、全英チャート2位、全米チャート4位を記録し、ロックとオペラを融合したロック・オペラとしてロック史に残る名盤『トミー』。この名盤の初の”完全”再現を含む、ザ・フーのライヴ作品『トミー ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』が9月29日に2週間の日本先行発売かつ4曲のボーナス映像を追加収録した発売されることが決定した。

過去ザ・フーやロジャー・ダルトリーが『トミー』の再現ライヴを行ったことはあったが、どんなに多くても数曲が省かれて演奏されていた。しかし2017年4月1日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行なわれたロジャー・ダルトリーの主宰で17年に亘って続けられてきた若い癌患者を支援するチャリティー・コンサート「ティーンエイジ・キャンサー・トラスト」にて史上初めて『トミー』の全収録楽曲が完全再現され、世界中のロック・ファンで話題となった。

そのライヴでは現在のバンド(今回、参加できなかったピノ・パラディーノに代わるベーシストはダルトリーのソロ・ツアーに同行していたジョン・バトン)による『トミー』全楽曲の演奏に加えて、ザ・フーの数々の名曲も披露され、今回の作品にはその全てが収録される。加えてDVD、ブルーレイ及びデジタル・ビデオには、舞台裏の模様を捉えた映像と、コンサートで使用された「アシッド・クイーン」、「ピンボールの魔術師」のアニメーションを収録。さらに日本盤のDVD+CD/Blu-Ray+CDのみ4曲のアニメーション映像が追加収録されての発売となる。

■商品詳細
ザ・フー『トミー ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』
THE WHO “TOMMY Live at The Royal Albert Hall”

◇発売日:2017年9月29日
◇全6形態にて発売
・DVD+2CD:7,000円+税 UIBY-75123 *日本盤のみ
・Blu-ray+2CD:8,000円+税 UIXY-75003 *日本盤のみ
・2CD:3,600円+税 UICY-15682/3 *日本盤先行発売
・3LP *輸入盤のみの取り扱い(10月13日発売)
・デジタル・ビデオ (10月13日発売)
・デジタル・オーディオ (10月13日発売)

◇日本盤の予約は以下より
DVD+2CD
Blu-ray+2CD
2CD

Who_Tommy_DVD+CD

DVD+2CD

Who_Tommy_BR+CD

Blu-ray+2CD

Who_Tommy_CD

2CD

<日本盤特典>
*2週間の先行発売
*4曲のボーナス映像を追加(輸入盤のボーナス映像2曲合わせて計6曲)
*日本語字幕付き
*バンド・メンバーであり、ミュージカル・ディレクターもつとめるフランク・サイムズ氏による書き下ろしライナーノーツ付き
*歌詞対訳付

<DVD/Blu-ray 収録曲>
1. イントロダクション / Introduction
2. 序曲 / Overture
3. イッツ・ア・ボーイ / It’s A Boy
4. 1921 / 1921
5. すてきな旅行 / Amazing Journey
6. スパークス / Sparks
7. 光を与えて / Eyesight To The Blind (The Hawker)
8. クリスマス / Christmas
9. 従兄弟のケヴィン / Cousin Kevin
10. アシッド・クイーン / The Acid Queen
11. 大丈夫かい / Do You Think It’s Alright?
12. フィドル・アバウト / Fiddle About
13. ピンボールの魔術師 / Pinball Wizard
14. ドクター / There’s A Doctor
15. ミラー・ボーイ / Go To The Mirror!
16. トミー、聞こえるかい / Tommy Can You Hear Me?
17. 鏡をこわせ / Smash The Mirror
18. アンダーチュア / Underture
19. 僕は自由だ / I’m Free
20. 奇跡の治療 / Miracle Cure
21. センセイション / Sensation
22. サリー・シンプソン / Sally Simpson
23. 歓迎 / Welcome
24. トミーズ・ホリデイ・キャンプ / Tommy’s Holiday Camp
25. 俺達はしないよ / We’re Not Gonna Take It
26. アイ・キャント・エクスプレイン / I Can’t Explain
27. ジョイン・トゥゲザー / Join Together
28. 恋のマジック・アイ / I Can See For Miles
29. フー・アー・ユー / Who Are You
30. 愛の支配 / Love, Reign O’er Me
31. ババ・オライリィ / Baba O’Reilly
32. 無法の世界 / Won’t Get Fooled Again

【ボーナス映像】
◇『トミー2017』 舞台裏映像
◇フル・スクリーン・アニメーション映像6曲
1. 序曲 / Overture *日本盤のみ
2. イッツ・ア・ボーイ / It’s A Boy *日本盤のみ
3. すてきな旅行 / Amazing Journey  *日本盤のみ
4. クリスマス / Christmas  *日本盤のみ
5. アシッド・クイーン / The Acid Queen
6. ピンボールの魔術師 / Pinball Wizard

CD ディスク1
1. 序曲 / Overture
2. イッツ・ア・ボーイ / It’s A Boy
3. 1921 / 1921
4. すてきな旅行 / Amazing Journey
5. スパークス / Sparks
6. 光を与えて / Eyesight To The Blind (The Hawker)
7. クリスマス / Christmas
8. 従兄弟のケヴィン / Cousin Kevin
9. アシッド・クイーン / The Acid Queen
10. 大丈夫かい / Do You Think It’s Alright?
11. フィドル・アバウト / Fiddle About
12. ピンボールの魔術師 / Pinball Wizard
13. ドクター / There’s A Doctor
14. ミラー・ボーイ / Go To The Mirror!
15. トミー、聞こえるかい / Tommy Can You Hear Me?
16. 鏡をこわせ / Smash The Mirror
17. アンダーチュア / Underture
18. 僕は自由だ / I’m Free
19. 奇跡の治療 / Miracle Cure
20. センセイション / Sensation
21. サリー・シンプソン / Sally Simpson
22. 歓迎 / Welcome
23. トミーズ・ホリデイ・キャンプ / Tommy’s Holiday Camp
24. 俺達はしないよ / We’re Not Gonna Take It

CD ディスク2
1. アイ・キャント・エクスプレイン / I Can’t Explain
2. ジョイン・トゥゲザー / Join Together
3. 恋のマジック・アイ / I Can See For Miles
4. フー・アー・ユー / Who Are You
5. 愛の支配 / Love, Reign O’er Me
6. ババ・オライリィ / Baba O’Reilly
7. 無法の世界 / Won’t Get Fooled Again


<海外プレス・リリース訳>

2017年10月13日、イーグル・ロック・エンターテインメントはザ・フーの新作『トミー:ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』をDVD、ブルーレイ、CD2枚組、LP3枚組、デジタル・ビデオ、デジタル・オーディオの6フォーマットでリリースする。

ザ・フーによる『トミー』の初めての完全再現を含む、この途方もなくすばらしいライヴ作品の収録時間は実に2時間20分に及び、セットリストは「僕は自由だ」、「すてきな旅行」、「俺達はしないよ」、「アイ・キャント・エクスプレイン」、「フー・アー・ユー」、「無法の世界」、「恋のマジック・アイ」といったグループの名曲群を網羅したものになっている。

本作の収録が行われた2017年4月のロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにおけるコンサートで、バンドはロック・オペラ『トミー』の全曲を初めて披露している。過去にもステージで『トミー』の収録曲の大半が取り上げられたことはあったが、どんなに多くてもアルバムの収録曲のうち2曲から4曲程度は省かれるのが常だった。従ってすべての楽曲をいちどきに演奏するという試みが実践されたのは、ザ・フーの長く輝かしいキャリアにあって、”Teenage Cancer Trust”の支援を目的に行われた、このロイヤル・アルバート・ホール公演が初めてということになる。ここでバンドは、耳も口も目も不自由なピンボールの天才少年「トミー」の物語を、ステージ上方に設置された巨大なスクリーンに映し出される特製のアニメーションと、創意に富んだライティングを伴って披露。その後、さらに代表曲から選りすぐった数曲を演奏し、客席を埋め尽くした聴衆を沸かせた。ザ・フーはいつだって最強/最高のライヴ・バンドだが、ここでは、徹頭徹尾、とりわけ強力な歌唱と演奏を披露している。

DVD、ブルーレイ及びデジタル・ビデオには、コンサートの全容を記録した秀逸な本編に加え、魅力的な特典映像も複数収録されている。舞台裏の模様を捉えた映像と、コンサートで使用された「アシッド・クイーン」、「ピンボールの魔術師」のアニメーションがその内訳で、後者はそれぞれの楽曲のライヴ音源と共に楽しむことができる。(*日本盤にはこれに加えて4曲の映像が追加収録となる)

『トミー:ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』には、またとない会場で、グループの最高のアルバムの全編を初披露する躍動感に富んだザ・フーの最高のパフォーマンスが記録されている。彼らのファンであれば見逃す手はないだろう。

アー写1@Christie Goodwin アー写2 @Christie Goodwin

btn_store_link download_jtunes_link applemusic_link spotify_logo_link


<関連記事>

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss