(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

3夜のみの奇跡:クラプトン、ピート・タウンゼント、キース・ムーンが夢共演

Published on

1974年の夏、エリック・クラプトンは忙しい男だった。6月中旬から新作アルバム『461 Ocean Boulevard』を引っさげたUSツアーを始め、中でも8月1日にアトランタのオムニ・コロシアムで行われたライヴ音源はスローハンドのファン達の間ではブート化され、未だに語り継がれている。

その理由は、その夜のステージ上で起った出来事にあった。24時間後にノース・キャロライナのグリーンズボロでも起こり、その後2日間もウェスト・パーム・ビーチでも起こった。なんとピート・タウンゼントとキース・ムーンがエリック・クラプトンとステージで共演したのだ。

green9

エリック・クラプトンのバンドには、セカンド・ギターにジョージ・テリー、デレク・アンド・ザ・ドミノズ期の同僚カール・レイドルがベース、キーボードにディック・シムズ、ドラムにジェイミー・オルダカー、バッキング・ヴォーカルにイヴォンヌ・エリマンがいた。セットは「Smile」から始まり、「Let It Grow」「Willie and the Hand Jive」、そしてクリーム時代のお気に入り「Badge」などが演奏された。

しかしアトランタのショーでは、ザ・フーのメンバーの二人が袖から登場したのだ。ピート・タウンゼントはエリック・クラプトンと共に「Layla(邦題:いとしのレイラ)」でジャム・セッションをし、キース・ムーンは「Baby Don’t You Do It」のメドレーの中で、チャック・ベリーの「Little Queenie」で一緒に歌い、そこでピート・タウンゼントはプラスチック製のウクレレをエリック・クラプトンの頭で破壊するというパフォーマンスを見せた。

翌日、ノースカロライナ州グリーンズボロでのコンサート(チケット値段は$7.50)でもピート・タウンゼントはセットの序盤の「Hand Jive」と「Get Ready」で登場し、アンコールでは、キース・ムーンと共に「Little Queenie」だけでなく「Layla」や「Badge」でも共演した。このエリック・クラプトン、ピート・タウンゼントとキース・ムーンのコンビネーションはもう1度、数週間のツアーの休み直前となる8月4日にウェスト・パーム・ビーチ・レースウェイで実現することになる。この日はピート・タウンゼント、キース・ムーンだけでなくジョー・ウォルシュまで共演し、ザ・フーの「Can’t Explain」を披露したのだ。

残念ながらこれらの公演の公式音源は存在していない、しかし1974年のエリック・クラプトンのツアーの模様は、アトランタでも演奏された4曲と共に、12月のハマースミス・オデオンでの音源で聴くことができる。。

Written by Paul Sexton



エリック・クラプトン / エリック・クラプトン・ライヴ【CD】【SHM-CD】

クラプトンの1974、75年のライヴが収録された『E.C.Was Here』

btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

1 Comment

1 Comment

  1. Pingback: Cream Begin The Long Farewell - uDiscover

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss