(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

83年夏アメリカのお気に入りはポリスの「Every Breath You Take / 見つめていたい」

Published on

Every Breath You Take

1983年7月9日、80年代ポップを定義する1枚のシングルがアメリカに上陸した。この曲はバンドにとって唯一全米・シングル・チャートで1位を飾った曲だが、「Billy Jean」よりも「Sweet Dreams (Are Made Of This)」よりも「Do You Really Want To Hurt Me」よりも売れ、その年最大のヒット曲となった。その曲は、ポリスの「Every Breath You Take」(邦題:見つめていたい)である。

The-Police-Every-Breath-You pic disc
スティンによって書かれたこの曲は、既にUKチャートのトップを4週に渡って維持しており、勢いもそのままに大西洋を渡ってきた。カリブ海のモントセラトで6週間かけて収録されたアルバム『Synchronicity』もイギリスでは既に2週連続1位を飾り、このトリオはいよいよ本格的に全米制覇を仕掛けに来たのだ。

一般的に「Every Breath You Take」は軽い耳触りの良いポップ・ソングと思われがちだが、作者の見解はそうでもなかった。「僕からしたらとても怪しい曲だ」とスティングは語り、作曲当時は冷戦に核兵器が投入され、新たなレベルの緊張感の中で書かれたものだったという。「これは監視、所有欲、そして嫉妬を歌っているんだ」と説明する。

それらがスマッシュ・ヒットを生む要因でなければ、レコード・バイヤーやラジオ、テレビ番組の制作者は他の曲を選んだだろう。「Every Breath You Take」はイレーナ・カラの「Flashdance…What A Feeling」から全米チャート1位を奪い、そのまま2ヶ月(8週連続)もの間守り続けた。

しかしそれも、アルバム『Synchronicity』の成功に比べれば小さいものだ。グラミー賞を獲得したこのアルバムは、シングルが頂点に立つ7日前に1位を獲得し、17週連続でトップを飾ったのであった。

Written By Paul Sexton


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss