(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ウィリアム・バロウズから影響を受けたザ・ローリング・ストーンズの『Undercover』

Published on

1983年11月7日、当時キャリア19年のザ・ローリング・ストーンズがイギリスでリリースしたスタジオ・アルバムのトータルが17枚目に達した。アメリカでは、キャリア初期のリリース・スケジュールがイギリスと異なっていたために、19年間で合計19枚となった。野心的でノリの良いリード・シングル「Undercover Of The Night」の数日後に姿を現したそのアルバムは、『Undercover』というタイトルの1枚だった。

Undercover1981年リリースのアルバム『Tattoo You』に続くこのアルバムは、共同プロデューサーにクリス・キムジーを迎え、パリのEMIスタジオを使用した82年の暮れと、バハマのナッソーにあるコンパス・ポイントで83年の春から夏にかけてとの2つの時期に分けてレコーディングされている。『Undercover』は、イギリスではアダム・アントからスティーヴ・ハケットに至る多くのアーティスト達のニュー・アルバムと同じタイミングでリリースされた。皮肉にもと言うべきか、その中には後に頼れるプロデューサーとしてザ・ローリング・ストーンズと関わることになるドン・ウォズのいるウォズ(ノット・ウォズ)の名前もあった。

アルバムにはジャガー=リチャーズによる作品が10曲収録されていたが、その多くがエッジーでダークな雰囲気を持っていた。後に判明することだが、彼ら作曲チームの仲が険悪になっていたことが影響したのだという。しかしそれはそれとして、南アフリカの政治的腐敗についてのミック・ジャガーによる歌詞も手伝って、『Undercover Of The Night』が“後期”ザ・ローリング・ストーンズを代表するアルバムのひとつになったのは違いない。

1993年のコンピレーション・アルバム『Jump Back』のライナーノーツで、ミック・ジャガーは次のように述べている。「別にパクったわけじゃないけれども、この曲はウィリアム・バロウズの小説『シティーズ・オブ・ザ・レッド・ナイト』から強い影響をもらって作ったんだ。政治からセックスまでにまつわる弾圧をテーマにした自由奔放な作品だよ。アルゼンチンやチリで起きている様々なことについて書いてある」。キース・リチャーズの言葉も足しておこう。「この曲はミックが入念に組み上げててさ、俺はそれに従ってプレイしただけ。かなり何度も音を重ねているよ。あの時のレコーディングはしょっちゅう揉めて中断したからね」

Stones Virgin

ヴァージン・レコードに夜・ザローリング・ストーンズの1983年11月の新作のキャンペーン

ザ・ローリング・ストーンズの5人に加えて、『Undercover』にはサックス奏者のデヴィッド・サンボーン、レゲエ界が誇るスライ・ダンバーとロビー・シェイクスピア(スライ&ロビー)、そしてザ・ローリング・ストーンズのスタジオ・アルバムに登場するのはこのアルバムが最期となり、その後1985年に逝去してしまった彼らが愛してやまなかったローディーのイアン・“スチュ”・スチュワートなどがフィーチャーされている。アルバムはアメリカのヒット・チャートでは4位が最高位で、それまでのアルバム8枚連続1位という記録を途絶えさせてしまったものの、評判は上々の出来栄えであった。

Written by Paul Sexton



UIGY-9589

ザ・ローリング・ストーンズ 『Undercover』

btn_store   spotify_logo download_jtunes applemusic


ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』12月1日発売決定!

図1

btn_store_link iTunesでは予約すると先行して「(I Can’t Get No) Satisfaction」がダウンロード可能itunes_pre_link


ザ・ローリング・ストーンズ『Beggars Banquet 50th Anniversary Edition』

発売日:2018年11月16日
フォーマット:2SACD+ソノシート(完全限定盤)(日本独自盤)
購入はこちら


ザ・ローリング・ストーンズ『Voodoo Lounge Uncut』 
2019年11月9日日本先行発売

購入はこちら↓

スーパー・デラックス・エディション
(DVD、SDブルーレイ、2CD、3LP、3LPカラー[レッド]+Tシャツ) 

DVD+2CD / SDブルーレイ+2CD / DVD / SDブルーレイ LP(輸入)


uDiscoverのザ・ローリング・ストーンズ・ベスト・オブ・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss