(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ロッド・スチュワート初の1位曲「Maggie May」は当初はB面だった

Published on

ロッド・スチュワートが大舞台に出るきっかけをつかむことができたのは、ロング・ジョン・ボールドリーのおかげだった。トゥイッケナム駅でハーモニカを吹いていたロッドは、ボールドリーに見出されたのである。そのときから、ロッドがイギリスのシングル・チャートの首位を獲得するまでには8年近い歳月が必要だった。8年の間、彼は山あり谷ありのキャリアを歩み、1971年10月9日、「Maggie May」のヒットで遂に首位に登り詰めたのだった。この曲がもともとシングルB面だったことを考えると、それは決して悪くない結果だった。

ロッドは長い修行時代を送っていた。それはジョン・ボールドリーのバンド、フーチー・クーチー・メンから始まり、その後はスティームパケット、ショットガン・エクスプレスと続いた。やがて彼はジェフ・ベック・グループのリード・ヴォーカリストに起用され、さらにはフェイセズのフロントマンを務めることになる(フェイセズは、スティーヴ・マリオットの脱退をきっかけに、スモール・フェイセスから生まれたバンドだった)。フェイセズへの加入と同時に、ロッドはマーキュリー・レーベルとソロ・アーティストとしてレコーディング契約を結んだ。そうして発表したアルバム『An Old Raincoat Won’t Ever Let You Down (The Rod Stewart Album)』と『Gasoline Alley』はいずれも高く評価され、名盤と見做されるに至った。しかしながらこの時点ではシングル・ヒットはまだ出せずにいた。

1971年8月、マーキュリーからロッドのニュー・シングルが発売される。そのシングルの正式なA面はティム・ハーディンの曲のカヴァー「Reason To Believe」だった。これはチャート初登場でトップ40入りを果たし、31位にランク入り。そこから最高19位まで上昇した。しかし世間の人のリクエストは、すぐにB面の「Maggie May」のほうに向かった。これはロッドがマーティン・クイッテントンと共作した曲で、メロディはクイッテントンがロッドのサード・アルバム『Every Picture Tells A Story』のレコーディングに向かうため地下鉄に乗っているあいだに思いついたものだった。ロッドの歌詞は、実在の若い男と年上の女性の恋愛関係をモデルにしている。女性の名前は「マギー・メイ」とレコードには記されていたが、曲の中では苗字は出てこない。

Maggie May

この曲の録音に参加したメンバーはそうそうたる顔ぶれ。フェイセズのイアン・マクレガン(オルガン)とロニー・ウッド(エレキ・ギター、ベース、12弦ギター)のほか、ミッキー・ウォーラー(ドラムス)、クイッテントン(アコースティック・ギター)が演奏に加わっていた。またこの曲のヒットで大きな役割を果たした楽器、つまりマンドリンはレイ・ジャクソンが弾いている。ジャクソンは当時頭角を現しつつあったリンディスファーンのリード・シンガーだった。

ロッドは、8月19日にテレビ番組「Top Of The Pops」(司会はトニー・ブラックバーン)に出演して「Maggie May」を歌った。翌月にはパンズ・ピープルというダンス・グループがこの曲に合わせて踊っている。やがてシングルが11位に上昇するころには「Maggie May」がA面になり、そこからはもう勢いが止まらなかった。

9月30日の「Top Of The Pops」で、「Maggie May」はチャートで2位の曲として紹介されている(1位はタムズの「Hey Girl Don’t Bother Me」だった)。この有名なテレビ出演が、「Maggie May」を首位にまで押し上げたのは間違いない。残念ながらジャクソンは都合が付かず、この歴史に残る収録に参加できなかった。そのため、代役としてDJのジョン・ピールがマンドリン演奏の当て振りを披露している。また、この収録にはフェイセズのロニー・レインも参加している。

Rod Stewart – Maggie May ( TOTP ) 1971

Rod Stewart - Maggie May ( TOTP ) 1971

 

翌週のチャートで、「Maggie May」は1位に到達。この時点で、『Every Picture Tells A Story』は既にアルバム・チャートの首位の座についてから2週目に入っていた。「Maggie May」は5週連続1位に留まり、ロッド・スチュワートの栄光の日々がついに幕を開けたのだ。

Written By Paul Sexton


「Maggie May(『Every Picture Tells a Story』)」


ロッド最新アルバムは30枚目ソロ作品

ロッド・スチュワート『Blood Red Roses』
2018年9月28日発売

プレイリスト『Rod Stewart Essential 


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss