(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ジャネット・ジャクソンが制作中に“90年代の‘国歌’になるかも”と言った『Rhythm Nation 1814』

Published on

昔のジャネット・ジャクソンは、世界で最も有名なポップ・グループの幼い妹という存在にしか過ぎながった。しかし1980年代後半になると、大スターのソロ・アーティストとして独自の地位を獲得し、1989年9月18日にリリースされた『Rhythm Nation 1814』に対する期待は異様に盛り上がった。

ジャクソンは1982年にA&Mからリリースされたセルフ・タイトルのデビュー・アルバム(*訳注:邦題は『ヤング・ラヴ』)で独自のサウンドと個性を見つけようと苦労していた。次作の『Dream Street』では少しだけ不似合いなクリフ・リチャードとのデュエット「Two To The Power Of Love(邦題:ふたりのラヴソング)」が収録。しかし大物作曲家/プロデューサーのジミー・ジャムとテリー・ルイスと組み始めるとその勢いは止まることを知らなかった。1986年発売のアルバム『Control』はアメリカで500万枚、全世界で1,400万枚を売り上げ、『Rhythm Nation 1814』も同様の成功を収めた。タイトルの“1814”は多くの者にとっては謎めいた数字だったが、後のジャクソンはそれが理にかなった数字だと説明している。タイトル・トラックをジャムとルイスと書いていた時、「私はふざけて、これってもしかして90年代の‘国歌’になるかもね、と言ったの。そこでフランシス・スコット・キー(*訳注:アメリカの国家「星条旗(The Star-Spangled Banner)」を書いた)がいつ国歌を書いたのか調べてみたら、1814年9月14日だったの」。

アルバムは『Control』と同じく、先端的で独創性のあるファンク、ダンス、そして純粋なポップ・ミュージックに、クロスオーヴァーなサビ、豪華なプロダクション、そして凝った振り付けのビデオという材料を引き継いでいる。全米アルバム・チャートのトップを4週間飾り(『Control』は2週間だった)、リード・シングルの「Miss You Much」もHot 100のトップを1ヶ月飾った。

タイトル・トラックは2位、「Escapade」はUSでナンバー1に、「Alright」は4位、「Come Back To Me」は2位、ロック調の「Black Cat」(ジャクソンが一人で作曲し、リヴィング・カラーのヴァーノン・リードをリードギターとしてフィーチャリング)で1位、「Love Will Never Do (Without You)」でまた1位、そして「State Of The World」では5位にランクインしている。1枚のアルバムから信じられないことに8曲ものトップヒットを生み出し、ジャクソンは『Rhythm Nation 1984』で天下を取った。

Written By Paul Sexton


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss