(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ロブ・ソンビはどのようにホワイト・ゾンビのクラシックを『Astro Creep: 2000 Live』と共に蘇らせたか

Published on

パンク・ロックとヘヴィ・メタル、そして彼らの恐ろしく不可解な世界との関わりに夢中になっている者であれば、2016年9月18日は非常に特別な日だったと言ってもいいだろう。この日は、イリノイ州、シカゴのダグラス・パークにてミスフィッツのオリジナル・メンバーのジェリー・オンリーとグレン・ダンジグが遂に和解した日だった。ドイル・ウルフギャング・ボン・フランケンシュタインと元スレイヤーのドラマー、デイヴ・ロンバードと一緒に、ライオット・フェスのステージで伝説となってから随分と時が経った曲を演奏した。それに勝るものなどあっただろうか。そうだ、もしかするとホワイト・ゾンビの『Astro Creep: 2000』のライヴをそっくりそのまま演奏したロブ・ゾンビがそうかもしれない。

また、その日のラインナップはソーカル (南カリフォルニア)・パンクのベテラン勢、バッド・レリジョンやサクラメントのポスト・メタルのレジェンド、デフトーンズ、そしてホラー・パンクの象徴であり、非常に影響力のある3人組のガールズ・インディー・グループであり、待望の復活を遂げたスリーター・キニーがいた。ミスフィッツが舞台へ上がる直前に登場したのは、彼らが不在だった数十年に渡って、ヘッドライナーたちの80年代の低俗なパンクを取り込み、芸術的にも音質的にも成長させた男だった。

ミスフィッツが前座をロブ・ゾンビに任せたのはつじつまが合う。見事なテクニカラー、オルガスム、過剰な官能の中で一緒になる教師と生徒。過剰の過剰による称賛。しかし、そのような一連の素晴らしい状況にとって、ロブ・ゾンビはこのチャンスを際立たせるために常軌を逸したことをやる必要があった。当然ながら、彼を本当に有名にした1995年のアルバムを突き通したことによって、ロブ・ゾンビは困難な人生をヘッドライナーたちに突きつけた。

なぜ『Astro Creep: 2000』は素晴らしいホワイト・ゾンビ (あるいはロブ・ゾンビ) の瞬間なのかといったことについてかなり詳しく説明することはできるが、グラインドハウスで、卑劣で、産業化した振動の「Grease Paint And Monkey Brains」や「More Human Than Human」、「Super-Charger Heaven」で聴くことのできるチェインソーのリフはみんな馴染みがあると思う。基本的に、あれはクラシックな曲だ。もしミスフィッツのライヴを見るだけでは物足りなかったとしても、最後まで演奏された90年代の中でも最高のアルバムを披露するライヴは見逃せないものとなった。

もちろん、数百万人というファンがその場所に居合わせたかったと思っていたが、その特別な日にシカゴのあの会場へと入り込む術がみんなあるわけではなかった。しかしロブ・ゾンビのパフォーマンスは歴史的な映像として記録され、それからちょうど2年足らずの間に、『Astro Creep: 2000 Live』と称してリリースされた。

それは2つのことを証明するレコードである。まず、あのクラシックなアルバムは実に時を超越しているということ。その曲たちは今もなお活気があり、1995年の最初のリリース時にそうだったようにあらゆる場所でグラインドする。ロブ・ゾンビと彼のバンドのキャリアが「El Phantasmo And The Chicken-Run Blast-O-Rama」のオープニングでわなから抜け出す方法はモダンなリフづかいの面目を潰し、そして最新のメタル・バンドたちに先立って、「Electric Head Pt 1 (The Agony)」は今でもほとんどの現代のメタル・バンドに比べて飛躍的に先をいっている。

そして2つ目には、年月を重ねるにつれて、ロブ・ゾンビがどれほどタイトで、速く、そしてより不屈になったということある。音楽のエネルギーが水平線へと引きちぎられるにつれ、追い付こうとする観客が聞こえそうなところまで、曲と曲の間には息をする暇もほとんどない。「More Human Than Human」はレコーディングのオリジナル・ヴァージョンよりも2倍のスピードで実際に演奏され、その電気的パルスはサウンドスケープから、地球の中心を発見でもしたかのような音の火山へと変貌を遂げた。

最終的に、ほとんどのライヴ・アルバムと異なり、『Astro Creep: 2000 Live』は珍しいことを行っている。実際は、素晴らしい曲と共に素晴らしいバンドだけでなく、その素晴らしい瞬間、ヘヴィ・ミュージックの世界における実際のイベントを記録している。2016年のライオット・フェスで何が起きたかを忘れる人などいるだろうか。ヘヴィ・ミュージックの神話の中で、その場所は絶対に保障された場所だ。しかし、通常期待されているものを断ち切り、ファンにとって『Astro Creep: 2000 Live』をあんなにも鮮やかでクラクラするような一枚にする、本当に忘れられないものを人々に与えるアーティストから、あの日、あのバンドが、あの形で、あのセットリストを聞いている。

ミスフィッツへのメッセージは明らかだった:これに続いて見せろ!

『Astro Creep: 2000 』


【入手困難盤復活!! HR/HM 1000キャンペーン】

廃盤や製造中止、限定盤完売など、ここ数年入手困難だったHR/HMの裏名盤65タイトルをピックアップ。 高額のプレミア付きで取引されているアルバムも含め、いきなりの超低価格1,000円(税抜)にて限定発売!

HRHM♪ プレイリスト『Metal History

By Kerstin Hern


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss