制作に1年以上かかったエラ・フィッツジェラルドの最も野心的なアルバム『Ella Fitzgerald Sings The Duke Ellington Songbook』

4月 25, 2018


制作に1年以上かかったエラ・フィッツジェラルドの最も野心的なアルバム『Ella Fitzgerald Sings The Duke Ellington Songbook』

1956年9月4日、エラ・フィッツジェラルドは、彼女のキャリアで最も野心的なアルバム『Ella Fitzgerald Sings The Duke Ellington Songbook』の制作に着手した。彼女がその年に発表した『The Cole Porter Songbook』と『The Rogers and Hart Songbook』に次ぐ作曲家別に作り上げたアルバム、ソングブック・シリーズの3作目だった。

エラ・フィッツジェラルドが、 そのデューク・エリントンのプロジェクト『Ella Fitzgerald Sings The Duke Ellington Songbook』に取りかかったのは、1週間前に『The Rogers and Hart Songbook』を完成させたばかりの時だった。その日、ロサンゼルスのキャピトル・スタジオで行われたレコーディング・セッションのハイライトのひとつが「In A Sentimental Mood」だ。15曲中、14曲目に完成した曲で、エラ・フィッツジェラルドの声に、バーニー・ケッセルの素晴らしいギター演奏が伴っている。

Granz and Ella_edited-1

9月4日にエラ・フィッツジェラルドがレコーディングした曲の中で、最も知られている曲のひとつが「Satin Doll」だろう。ベン・ウェブスター(テナー・サックス)、スタッフ・スミス(ヴァイオリン)、ポール・スミス(ピアノ)、バーニー・ケッセル(ギター)とジョー・モンドラゴン(ベース)、アルヴィン・ストーラー(ドラムス)がエラ・フィッツジェラルドと共演している。

ニューヨーク・タイムズ紙は、このソングブック・シリーズを次のように評している。「これらのアルバムは、それぞれの作曲家に入念な注意を払った初のポップ・レコードであり、それは、真剣な音楽的探求を伝える媒介としてのポップ・アルバムを確立する手段であった」。

それから8ヵ月が経過した1957年6月24日、エラ・フィッツジェラルドは再びスタジオに戻った。今回は、デューク・エリントンと彼のオーケストラと共に、「Take The A Train」をレコーディグするためであった。この曲にはジョニー・ホッジス(アルト・サックス)、ラッセル・プロコープ(アルト・サックス)、ポール・ゴンサルヴェス(テナー・サックス)、ハリー・カーネイ(バリトン・サックス)と、素晴らしいサックス奏者達が参加していた。その後も3日間レコーディング・セッションが行われたが、アルバムは、まだ完成しなかった。

独立記念日(7月4日)のニューポート・ジャズ・フェスティヴァルの出演後、ヴァーヴのオーナーでエラ・フィッツジェラルドのマネージャーであったノーマン・グランツが『Ella And Louis』のアルバムの成功を利用して、エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングを使って同じ形式を繰り返そうと決めた。

9月、エラ・フィッツジェラルドはジャズ・アット・ザ・フィルハーモニックで再びツアーに出ていた。そして、10月にツアーが終わり、エラ・フィッツジェラルドはフランク・デヴォルと、アルバム『Like Someone In Love』をレコーディングするためにキャピトルに戻った。その2日後の10月17日、エラ・フィッツジェラルドがオスカー・ピーターソン、ハーブ・エリス、レイ・ブラウン、アルヴィン・ストーラーと「Mood Indigo」をレコーディングした際に、『The Duke Ellington Songbook』の制作が再び始まった。

1957年の9月3日、デューク・エリントンと彼のオーケストラは、『Portrait Of Ella』というビリー・ストレイホーンがアルバムのために作曲した4楽章の曲をレコーディング。ビリー・ストレイホーンのインストゥルメンタルと共に、その曲は2枚組アルバムの2枚目のB面に収録された。

デューク・エリントン・ソングブックは遂に完成を迎えた。この大変なレコーディングで、エラ・フィッツジェラルドは1957年に100曲近い曲をレコーディングした。

アルバムは2枚に分けて発表された。1枚目はエラ・フィッツジェラルドとデューク・エリントンのオーケストラによる曲で、2番目はエラ・フィッツジェラルドがより小さなセッティングで歌った曲である。

これは究極のヴォーカル・ジャズ作品であり、全てのジャズ愛好家のコレクションに入るべきアルバムだ。

Written By Richard Havers


エラ・フィッツジェラルド『Ella Fitzgerald Sings The Duke Ellington Songbook』


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です