(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

クイーンはすべてを手にした「I Want It All」

Published on

1989年5月13日、クイーンは「I Want It All」で実に2年半以上ぶりに全英シングル・チャートに返り咲いた。そして彼らはそれを皮切りにたった7か月で5つのシングルをヒットさせる黄金期を迎えることとなった。

queen-making-of-i-want-it-all-video

それら5曲はすべて、壮大でクイーンらしい前述シングルのリリースから3週間後に発表された13作目『The Miracle』から生まれた。ブライアン・メイは、その後自身の2番目の妻となるアニタ・ドブソンの一言からヒントを得て「I Want It All」を書いたという。「野心家のアニタの口癖から題名を取ったんだ」メイはそう話している。「全部手に入れたい、今ほしいの、ってね」。

「4人ではあの曲をライヴで演ることが叶わなかった。クイーンのステージの定番になり得たのにね。観客が一緒に歌えるようになっていて、まさにアンセムにふさわしい曲だよ」。

I Want It All video

「I Want It All」が初めてライヴで披露されたとき、リード・ヴォーカルがフレディ・マーキュリーでなくロジャー・ダルトリーだったのは奇妙な話だ。マーキュリーのクイーンとしての最後のライヴは1986年のマジック・ツアーになった。その後1991年の終わりに彼は惜しまれつつエイズで他界。1992年4月の追悼コンサートでメイ、ジョン・ディーコン、ロジャー・テイラーと同じ舞台に上がったのはザ・フーのシンガーであるロジャー・ダルトリーだった。

カイリー・ミノーグやバングルスのポップ・ソングにミッドナイト・オイル、トランスヴィジョン・ヴァンプらのロック、ナタリー・コアやチャカ・カーンのソウル・ナンバーが並ぶ全英チャートで、「I Want It All」は第3位を記録した。その後すぐに「Breakthru」が10位圏内、「The Invisible Man」が12位となり、続く「Scandal」、「The Miracle」も30位以内に入るヒットとなった。




「クイーンの日」 9作品再発

2019年4月17日発売
各商品の詳細はこちら

【DVD】
『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ1』『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ2』
『オン・ファイアー / クイーン1982』『グレイテスト・ヒッツ・カラオケ』
『ジュエルズ』

【CD】
『ライヴ・キラーズ』『ライヴ・マジック』
『グレイテスト・ヒッツ・カラオケ』『オン・ファイアー / クイーン1982』

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss