ディープ・パープルの第二期での再結成アルバム『Perfect Strangers』

November 10, 2018


ディープ・パープルの第二期での再結成アルバム『Perfect Strangers』

ロック・ファンたち、特にディープ・パープルのファンたちは何年もの間、見込みのない希望を持ち続けていた。1960年代後半と1970年代前半にバンドに訪れた最初の成功に付随する全てのわだかまりや感情の起伏があったが、第二期のラインナップで再結成される方法が見つかるかもしれないというかすかな可能性が常に存在していた。リッチー・ブラックモア、イアン・ギラン、ロジャー・グローヴァー、ジョン・ロード、イアン・ペイスによるラインナップでの再結成アルバム『Perfect Strangers』がUKチャートに入った1984年11月に、そのファンの想いは具体的なものになった。

1970年代にディープ・パープルが制作した最後の3枚『Burn』『Stormbringer』『Come Taste The Band』には、リード・ヴォーカルのイアン・ギランも、またベースのロジャー・グローヴァーも参加していない。最後のアルバム『Come Taste The Band』にはギター・ヒーローのリッチー・ブラックモアすら不参加であった。その頃に浮上したバンド・メンバー内の敵対意識は、当時、バンドが抱えていたハードなレコーディングとツアー・スケジュール、そしてそれが原因で起きた健康障害が影響して生まれたものだった。

1970年代の後半、そして80年代になり、すべてのバンド・メンバーは彼ら自身の活動へと移行してしまった。イアン・ギランは彼自身のバンドでチャートの成功を目指し、リッチー・ブラックモアはレインボーを結成した。彼らの過去のバンド仲間もまた彼らの音楽的領域を拡大していき、ホワイトスネイクやゲイリー・ムーアのバンド、その他のプロジェクトで活躍した。

Perfect-Strangers-back

ディープ・パープルの第二期メンバーによる最後のアルバム『Who Do We Think We Are(邦題: 紫の肖像)』から11年後、奇跡的にこのチームが再結成し、バーモントで新たなアルバムをレコーディングするという話が浮上したのだ。ロジャー・グローヴァーとディープ・パープルによってプロデュースされた『Perfect Strangers』は1984年11月10日、イギリスでチャート・インし、今日まで刺激を与え続けてくれる作品群の仲間入りとなった。

多くのディープ・パープルのファンに暖かく受け入れられた『Perfect Strangers』はUKアルバムチャート初登場5位を記録した。1974年の『Burn(邦題:紫の炎)』が4位に輝いて以来の最も良い順位だった。12月1日には全米チャートにも登場、『Perfect Strangers』はアメリカで、1972年の『Machine Head』以来バンドの2枚目のプラチナ・ディスクとなり、32週のチャートインの間で17位まで上昇した。

Written by Paul Sexton



ディープ・パープル / パーフェクト・ストレンジャーズ【CD】【SHM-CD】

ディープ・パープル『Perfect Strangers』

btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic

uDiscoverのディープ・パープル・ベスト・オブ・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , , ,

2 comments

  1. Pingback: ディープ・パープルがBBC Radio 2 「In Concert」に出演

  2. Pingback: Ritchie Blackmore In 20 Songs - uDiscover

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *