(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ニック・ドレイクの伝説のデビュー作『Five Leaves Left』

Published on

ヒット・チャートに残された記録を紐解いたところで、ニック・ドレイクのキャリアを把握することはできない。なぜなら、彼はヒット曲とは無縁だったのだから。私たちは典型的なほど繊細だったシンガー・ソングライターを今では当然のように尊敬しているけども、不幸にも彼の短すぎる人生は、イギリスでもアメリカのチャートでも彼が生きている間には商業的な成功がチャートに表れることはなかった。アルバム志向のラジオ局からスーパーマーケットまで、あちこちで彼の音楽を耳に今日とは大違いだ。

今日、私たちはニック・ドレイクのあまりにも短かったレコーディングをしていた間の始まりとなる彼のデビュー・アルバム『Five Leaves Left』を称賛している。素晴らしいアコースティック音楽の開拓者、ジョー・ボイドによってプロデュースされたこのアルバムは1969年9月1日、アイランド・レコードからリリースされた。アルバムには時代を卓越した心に残る作品「Time Has Told Me」や「River Man」、「Way To Blue」などが収録された。

袋入りになっていたリズラの手巻きタバコの紙の端に書かれていたメーカーのメッセージから名付けられたアルバム『Five Leaves Left』は、1968年の夏から翌年にかけてレコーディングされた。アルバムには、ロバート・カービーによる美しいアレンジメントはもちろん、フェアポート・コンヴェンションのリチャード・トンプソンによるギターに、ダニー・トンプソンによるベースなども収録されている。

Drake sleeve

『Five Leaves Left』は今やクラシックとして世界的に認知されるアルバムとなり、2003年ローリング・ストーンズ誌が選ぶ”史上最も素晴らしいアルバム500枚”の280位として登場、イギリスのチャンネル4テレビによる2005年の世論調査で85位、そしてNME誌の歴代74位に輝いた。1975年、NME誌のニック・ケントはアルバムを「ヴァン・モリソンの『Astral Weeks』やラヴの『Forever Changes』のように聴く者の特定の感情を刺激するアルバムの一枚だ」と説明した。

Drake 2

確かに、ドレイクの並外れた才能に対して一般人の関心がないのは、批評家からの評価が足りていないからではなかった。インターナショナル・タイムスに新譜として『Five Leaves Left』のレヴューを行ったマーク・ウィリアムズはこの新人(ニック・ドレイク)の声はドノヴァンのものと比較されると主張していた。

「しかしドノヴァンは彼の曲がなければ成功しないが、ニックもそうだ」と彼は言った。「彼らは美しく、踊る、金色の葉のような内省的な詩に沿って伝わるリズムのある完璧なそよ風」だと。

Written by Paul Sexton



ニック・ドレイク / ファイヴ・リーヴス・レフト【CD】【SHM-CD】

ニック・ドレイク 『Five Leaves Left』

btn_store  download_jtunes applemusic_link spotify_logo

ニック・ドレイク紙ジャケット/SHM-CDシリーズ発売中

uDiscoverのニック・ドレイク コンプリート・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss