(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ジャズ最高のデュエット:エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロング

Published on

1956年8月16日、実に意外な顔合わせでありながら、実に実り多いコンビがジャズ界で誕生した。この年スタートしたヴァーヴ・レーベルは、ノーマン・グランツが主にエラ・フィッツジェラルドのレコードを出すために設立したレコード会社だった。そのグランツは、ヴァーヴのスター歌手であるエラとルイ・アームストロングを一緒にスタジオ入りさせることにした。しかもルイには、トランペットで伴奏を務めるのではなく、エラとデュエットで歌わせることにしたのである。これは大胆な賭けだったが、結果は吉と出た。ジャズ史上に残る偉大なコンビが誕生したのだから。

「ルイとエラのレコーディングの段取りは、だいたいいつも大変だった。ルイがしょっちゅうツアーに出ていたからね」 (ノーマン・グランツ)

デュエット・アルバムを録音する前夜、ルイとエラはスターが勢揃いしたコンサートに出演していた。このコンサートにはアート・テイタムやオスカー・ピーターソンも参加しており、そのライヴ録音は『Live At The Hollywood Bowl』(1956年)としてレコード化されている。翌日、ルイとエラはロサンゼルスのスタジオに入り、この珠玉のアルバムを吹き込んだ。ここで伴奏を務めたのはオスカー・ピーターソン・カルテットだった(ピーターソン以外のメンバーはギターのハーブ・エリス、ベースのレイ・ブラウン、ドラムスのバディ・リッチという顔ぶれ)。

リハーサルの時間がなかったため、どの曲もキーはルイのキーに合わせてあった。しかしそのせいで苦労した様子は、どちらの歌い手の声からも全く感じられない。また、このアルバムで取り上げられた曲はルイの普段のレパートリーには入っていなかった。つまり彼はその場で曲を覚えなければならなかったが、それも何ら問題にならなかったようだ。こうしたところからも、ルイ・アームストロングの天性の才能がうかがい知れる。「Cheek To Cheek」「Moonlight in Vermont」「The Nearness of You」で聴けるように、ふたりの温かい声によるデュエットは実に心地よいものだった。この年の終わり、アルバム『Ella And Louis』はビルボード誌のジャズ・チャートで1位を獲得。ポップ・チャートでも12位に達している。

翌年、グランツはもう一度このコンビでヒットを狙うことにした。こうして1957年7月23日、アルバム『Ella and Louis Again』のレコーディングが始まる。ドラムスはバディ・リッチから偉大なるルイ・ベルソンに交代したが、他は前作と全く同じ顔ぶれ。録音した曲はかなりの数に上ったため、アルバムは二枚組LPで発売された(レコーディングはさらに3回、7月31日、8月1・13日にも行われている)。こちらのアルバムはチャート入りしなかったが、内容はやはり素晴らしいものだった。

最近になって、8月1日のセッションで録音された未発表テープが公開された。そこには、ルイ・アームストロングとオスカー・ピーターソン・カルテット(ハーブ・エリス、レイ・ブラウン、ルイ・ベルソン)が『Ella and Louis Again』の準備をしている様子が記録されていた。これはあのレコーディングの素晴らしい歴史的記録であり、『A Day With Satchmo』というダウンロード販売のみのアルバムで入手できる。物理メディアでの発売はないけれど、サッチモ本人も熱心な録音マニアだったので、自分の音楽がこうしたかたちで世界に広まることに満足したはずだ。

Porgy & Bess
1957年8月18、19日、ルイとエラは今度はラス・ガルシア・オーケストラと組み、『Porgy & Bess』を録音した。このアルバムは1958年に発表されている。これは野心的な企画だったが、やはり素晴らしい仕上がりになった。この『Porgy & Bess』も前の2枚と同じような大傑作。ジャズ最高のデュエットを記録したこの3枚のアルバムは、ジャズ・ファン必聴の作品だ。そしておそらく、自分はジャズ・ファンだと思っていない人も聴くべきだろう。

Written By Richard Havers



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss