(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ザ・ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンによる20の言葉

Published on

Photo: Frans Schellekens/Redferns

ザ・ビートルズの神々しいレコード・カタログのほぼ全てをプロデュースし、熟練した作曲家、アレンジャー、ミュージシャンとして数え切れないほどの業績を誇るジョージ・マーティン(George Martin)。我々は現代音楽界を代表する真の創造者に対して、20の発言を引用し、敬意を表したいと思う。

以下は、90歳の誕生日を迎えた2カ月後の2016年3月に他界したジョージ・マーティンに筆者が行った大規模なインタビューの無修正版から、コメントを抜粋したものだ。1998年にロンドンのAIRスタジオで行われたこのインタビュー記事は、ジョージ・マーティンが最後のアルバム・プロジェクトであるオールスター・アルバム『In My Life』をリリースしていた当時、ビルボード誌に掲載されたものである。この記事がポップ・ミュージック界を代表する彼のキャリアを理解する上で役立てば幸いである。

<関連記事>
ビートルズ『Let It Be』スペシャルエディション発売決定
『Let It Be』解説第1回:制作背景と“ゲット・バック・セッション”
ザ・ビートルズ・クイズ【全10問】


 

1. 「私の両親は音楽好きではなかったのですが、非常にクリエイティヴな人達でした。姉は3歳半年上で、ピアノ・レッスンを受けていました。4歳か5歳の頃、彼女がやっていることを真似していて、自分もピアノ・レッスンを受けたいと思っていました。しかし我が家にはその余裕がなかったので、私は自分で音楽を作るようになっていったのです」

2. 「自分の好きなようにやっていく中で、ピアノで音楽を作れることが分かり、15歳になった頃には自分でダンス・バンドを手掛けていました。戦争が続いていたので軍隊へ入隊したのですが、音楽は続けていました。音楽にちゃんと取り組んだらどうだと、アドバイスしてくれる興味深い人達や素晴らしい音楽好きの人達に数多く出会いました」

3. 「シドニー・ハリスンという名の親切な男性がいました。素晴らしいピアニストであり教育者の彼が、音楽に取り組むことをとても強く勧めてくれ、ギルドホール音楽演劇学校の校長との面接を手配してくれたりと、私に手を差し伸べてくれました」

4. 「若い頃は、自信に溢れているだけでなく、ひどく傲慢だったりするものです。私は利己的であり、自分のことを素晴らしいと思っていました。自分がどれほど無力なのか、気づいていなかったのです」

5. 「国内にはレコード・プロデューサーが10人ほどいました。しかし彼等はレコード・プロデューサーではなく、‘アーティスト・アンド・レパートリー・マネージャー’と呼ばれていました。彼等はスタジオで作業を行なうのではなく、その仕事は現在のA&Rの人達に似ていて、優れた人材を発掘し、彼等をスタジオに連れて行き、レコーディングの機会を与え、それを番組で放送するというものでした」

6. 「1955年頃にはパーロフォンというレーベルを手掛けていて、そのレーベルの責任者として、アーティストを選ぶことだけではなく、彼等のやることを考え、売れるレコードを作るよう注意を払わなければなりませんでした」

7. 「50年代、ステレオ録音は古典的なレコーディングのみが行われていました。オーヴァーダビングや編集は一切やっていませんでした。1950年に初めてアビイ・ロード・スタジオに足を運んだ時、我々はテープは使用せず、直接レコードに録音していました。その方がクオリティが遥かに良かったのです」

8. 「映画のための音楽を15本書いています。最初の経験は悪夢でした。映画の為に書く技術を持ち合わせていませんでしたから、どうにか切り抜けたという感じでした。しかし覚えは早く、やがて必要なことを上手く成し遂げられるようになったのです」

9. 「インストゥルメンタル・ナンバーがヒットしていた頃、ロン・グッドウィンと手掛けた‘Skiffling Strings’という曲がヒットしました。アメリカでは‘Swinging Sweethearts’としてリリースされ、チャート入りしました。それでロンはプロモーション活動をすることになり、私も付いて行ったのです。色々なスタジオを回り、もちろんキャピトルへも足を運び、フランク・シナトラのセッションにも行きました。そして、非常に感銘を受けたのです。彼等は我々よりも遥かに優れていました」

10. 「ザ・ビートルズに初めて会ったのは36歳の時で、彼等にとって私は年寄りでした。しかしその認識は変わりました。彼等は私より平均16歳年下でしたから、父親というより兄貴といった感じだったのです」

11. 「ザ・ビートルズが登場した頃、ロックン・ロール・ミュージックは(UKには)あまり存在していませんでした。その代表格はトミー・スティールと、それからクリフ・リチャードでした。従って評価の基準がありませんでした。私はコメディ作品を色々と制作していたので、それが強みになりました。なぜなら、ザ・ビートルズは‘グーン・ショー’の大ファンで、ピーター・セラ―ズの作品が大好きで、私がそれ等を制作したことを知っていたからです」

12. 「私が彼等を知ったのはアダム(・シャープ)を通してではありません。まるで興味がありませんでした。ですから私達の初対面は、ちょっと一方的なものでした。しかし彼等は私の好きなバカバカしいユーモアのセンスを持っていたので、彼等と一緒にいたいと思ったのです。ユーモアのセンスを持っていなければ、人生は生きる価値がありませんから」

13. 「ロックン・ロールの先例がありませんでしたから、ザ・ビートルズが登場した瞬間、全てが根底からひっくり返され大変革が起きたのです。これは私の予知していなかったことでした」

14. 「初期のレコーディング頃は、ヒット・シングルが欲しかったのですが、彼等が持っていなかったのは分かっていました。しかし‘Please Please Me’が出来た時、流れが変わったのです」

Please Please Me (Remastered 2009)

15. 「そしてついにアメリカが1964年に‘I Want To Hold Your Hand(邦題:抱きしめたい)’で堰を切り、それ以来物凄い騒ぎになりました。しかしご存じのように、彼等は年中ツアーをしていたので、私は彼等とはそれほど長い時間一緒にはいなかったのです。私に与えられたレコーディング時間は非常に僅かだったのです」

The Beatles – I Want To Hold Your Hand – Performed Live On The Ed Sullivan Show 2/9/64

16. 「彼等は花開き、魅力的になりました、そして、そのアイディアに私は舌を巻いたものです。彼等が持ってきた曲ひとつひとつが逸品で、私は‘長続きするわけがない’と心の中で思いながら、彼等に‘これは素晴らしい。さあもっと良いものを聴かせてくれ’と言うと、また持ってきてくれるわけです。彼等が持ってきてくれるものに、私はゾクゾクしたものです」

17. 「気に入っているザ・ビートルズのアルバムはかなりの数あります。『Revolver』はとても好きですし、『Rubber Soul』もとても好きです。しかし『Abbey Road』にはとても親しみを感じています。恐らくはこれがみんなで作った最後のアルバムであり、みんな何となくそのことを感じていたからでしょう」

Because (Remastered 2009)

18. 「エルトンが‘Candle In The Wind 1997’の仕事で声を掛けてくれて非常に光栄に思っています。あれが私にとって、最後のナンバー・ワンになりましたし、恐らくは最後のシングルになるでしょう。最後を飾るにはなかなか良い作品です」

Candle In The Wind 1997

19. 「年を取ることの不思議なところは、自分では基本的に変わったという実感がないという点です。朝起きて鏡の中を覗くたびに、自分の父親が映っている。それで‘パパ、おはよう’と言いながらヒゲを剃り始めるのです」

20. 「私は本当に恵まれた人生を歩んでこれました。これだけのアーティスト達とレコーディングが出来て、私ほど幸運な人はなかなかいないでしょう」

Written By Paul Sexton



ザ・ビートルズ『Let It Be』(スペシャル・エディション)
2021年10月15日発売
5CD+1Blu-ray / 2CD / 1CD / 4LP+EP / 1LP / 1LPピクチャーディスク


最新ドキュメンタリー
『ザ・ビートルズ:Get Back』

11月25日(木)・26日(金)・27日(土)ディズニープラスにて全3話連続見放題で独占配信

監督:ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、『彼らは生きていた』)
出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター

伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの3日連続6時間の時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、ディスニープラスで独占配信。巨匠ピーター・ジャクソン監督によって、“Get Back(復活)”を掲げて集まった4人が名盤『Let It Be』に収録される名曲の数々を生み出す歴史的瞬間や、ラスト・ライブとなった42分間の“ルーフトップ・コンサート”が史上初ノーカット完全版として甦る。解散後、半世紀を超えて明かされる衝撃の真実とは?

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト

「ザ・ビートルズ:Get Back」|予告編|Disney+ (ディズニープラス)


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss