(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ソウルフルになったエルヴィス・コステロの4作目『Get Happy』

Published on

『Get Happy!!』はエルヴィス・コステロがソウルになったアルバムだ。オールドスクールで由緒あるリズム&ブルースの一種であるソウル・ミュージックは、このニュー・ウェイヴのシンガー・ソングライターの音楽教育において重要な要素であり、それは4枚目のアルバムであり、アトラクションズとの3枚目となる本作でこれまでになく現れていた。

エルヴィス・コステロがすでに2年間はチャートで強い存在感を放っていた中、このアルバムは1980年2月にイギリスでチャート・デビューを果たした。アメリカでのトップ10入りは、1979年の『Armed Forces』で初めて達成。そして3月22日に『Get Happy!!』が全米アルバム・チャートにデビューし、すぐに11位まで上った。

それまでの全てのエルヴィス・コステロのアルバム同様に、この作品もニック・ロウがプロデュースし、アメリカでは再びコロンビアからリリースされたものの、故郷ではF-Beatからデビューを飾った。それは、1979年にエルヴィス・コステロのマネジャーであるジェイク・リヴィエラが設立したレーベルだ。

アルバムからのメイン・シングルは「I Can’t Stand Up For Falling Down」であり、多くのエルヴィス・コステロ・ファンは彼自身が書き下ろした曲だと思っている。しかし、これは1960年代のソウル・アーティスト、ホーマー・バンクスがプロデューサーとアーティスト・マネジャーのアレン・ジョーンズとともに書いた曲であり、1967年にサム&デイヴがレコーディングした楽曲の素晴らしいカヴァーだった。

Elvis Costello & The Attractions – I Can't Stand Up For Falling Down

このカヴァー曲はイギリスで4位とヒットし、それは「Oliver’s Army」が2位を達成した1年後のことであり、エルヴィス・コステロにとってシングル・アーティストとして最も熱い時期だった。その次に続いたのはエルヴィス・コステロのオリジナル曲で、1960年代のR&B独特のスタイルで書かれた「High Fidelity」だ。いろいろな意味で駆け足で上昇していたアルバムの中で、これらの楽曲はその存在を確かなものとしていた。アルバムは全体が47分間、そこに20曲は詰め込められていた。

ポール・ランバリのニュー・ミュージカル・エクスプレスでのレヴューは好意的だった。「予期していたアルバムとは違うものだ」と書いた。「楽しそうに見えて、本当に楽しい。一時的なものかもしれないが、エルヴィスはトレッドミルから降りて、ハッピーになっている。買うべきだ」。

Written by Paul Sexton



エルヴィス・コステロ『Get Happy』でソウルフルに

エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ『Get Happy!!』
btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic_1711_800

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss