(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

メタル・ファンではないライターが語るダウンロード・フェスティバルの素晴らしさとビギナーズ・ガイド

Published on

音楽フェス初心者にお伝えすると、ダウンロード・フェスティバルとはイギリスで最大のロックとメタル・ミュージックの祭典である。今年のヘッドライナー、ガンズ・アンド・ローゼズやオジー・オズボーン、アヴェンジド・セヴンフォールドといった出演バンドたちを見るために、このフェスティバルには毎年10万人以上もの参加者が訪れるのである。もともとはモンスターズ・オブ・ロックとして知られていたフェスティバルがダウンロード・フェスティバルとして再生して以来、大変身を遂げたのだ。そこで、現地にいたuDiscoverのモーリー・アンドリュシュケヴィチュスがこのダウンロード・フェスティバルを乗り切る秘訣をお伝えしよう。

普通のライブ・イベントなら開演10分程で、そこにいる全ての人を倒してしまいたくなるような人口密度の高いライブに遭遇することはよくあるだろう。グイグイ押してくる人、道を通さないようにしてくる人、大声で話している人たちに取り囲まれ、自分の身は自分で守らなければならない状態だ。しかし、ダウンロード・フェスティバルは全く正反対なのである。

うっかり飲み物をこぼしてしまっても、ダウンロード・フェスティバルにいる観衆は謝ってくるだろう。単純に、リラックスして楽しく、和やかな時間を過ごして欲しいとみんなが願うイベントだからだ。ダウンロード・フェスティバルに来ているみなはあなた自身のままで居て欲しいと思っているのだ。”10万人ものメタルヘッドの群衆”という事実からは全く想像していなかったことだろう。

このロック&メタルの集団からの歓迎にもうひとつ驚かされたことは、さまざまなニーズの見事な包括性である。音楽を聴きにやって全ての人が楽しめるように装備万全なのだ。レスターシャーにあるドニントン・パークに作られたすべてのステージには、車椅子の使用者、そしてイギリス手話通訳者のために展望台がステージ近くに設けられていた。こういったステップの背後にある心遣いと善意の精神で、ダウンロード・フェスティバルはアクセシビリティ・チャーターで「Attitude is Everything」の金賞を受賞した。この名誉を持つ8万人を超えるフェスティバルは、ダウンロード・フェスティバルを含めてだった二つだけた。

また国際環境NGOグリーンピースによる支援を受け、史上初のエコ・キャンプ場が存在している。キャンパーたちは自然環境に配慮し、キャンプ道具やゴミを責任を持って持ち帰ることに同意しているのだ。キャンプ場では、フェスティバルの最終日に返金される再利用可能なカップが配られた。

そんな訳で、ここからはダウンロード・フェスティバルをどう乗り切るかについてのビギナーズ・ガイドを簡単に説明しよう。

1) 荷造りは前日に行わないこと
フェスティバルの前日に長靴を購入しようとすることがどれほど大変なことか分からないかもしれない。自分のサイズとピッタリの一足がセールになっているのをどこかで見かけたかもしれないが、実際に探しに行くときには、店頭から消えているのは確実だ。そして広大な牧場の中で行われているフェス会場の50km内に自分の足に適した他のブーツなんてあるはずもないのだ。

2) オープンマインドで臨むこと
U2ボブ・ディランジョニー・キャッシュといった音楽を好んできいている者(筆者)として、控えめにいっても、このダウンロード・フェをどれだけ楽しめるのかを危惧していた。鋼鉄製のミュータントたちが集まった闘技場よりもさらにメタリックな顔つきの人々で揉みくちゃにされたモッシュピットの中で、ずっと過ごすことになるのだと思っていた。だが、私が見つけたのは、私がこれまでに体験した中で最も礼儀正しく、歓迎ムードの群衆だった。もちろんモッシュが全くなかったわけではない。この週末の中でも最大のハイライトだったアンドリューW.K.の「Party Hard(邦題: パーティー・一直線!)」の間、人だかりにつっこんだ私の頬骨には今、あざがある。

3) アプリをダウンロードしよう
ダウンロード・フェスティバルのアプリケーションには地図、出演時間、ニュースなど、フェスティバルについて知っておなかければならない全てが確実に入っている。また「What’s On」セクションでは、映画やイベント会場、WWEレスリングといった音楽以外のアクティビティのプランの概要も知らせてくれる。その他にも、安全性やキャンプ情報のヒントといった、旅行オプションについても調べることが出来る。

4) 現金を持参すること
ダウンロード・フェスティバルには、ベジタリアンやビーガン、グルテン・フリーにも対応した数多くの屋台が並んでいた。とはいえ、ほとんどが現金支払いのみだ。やっと待ち行列の先頭にきたときにカードが使えないと気付いてしまったら、やりきれない気持ちになるだろう。しかしそうなったとしても、会場にはATMもあるので問題ない。

5) 黒い服を選ぶこと
ドニントン・パークまで来て、場違いな格好で悪目立ちはしたくないだろう。しかしこのフェスの人混みの中で目立ってしまう恰好というと、恐竜やオズの魔法使いの全出演キャスト、はたまたチャーリーとチョコレート工場のウンパルンパやユニコーンのような格好をしたコスプレの人なので、このアドバイスは無視してもらって構わない。

6) 音楽を楽しもう
私はメタル・ファンではないが、このフェスティバルには誰もが楽しめる何かが必ずある。沢山のバンドが出演し、ソフトロックからスクリーモまで音楽ジャンルも幅広く、毎日毎日、ヘッドライナーたちは素晴らしいムードを作りながら、見事なパフォーマンスを披露してくれた。10万人の人たちと一緒に、ガンズ・アンド・ローゼズの「Paradise City」を歌ったことを私は決して忘れないだろう。今年度は60組以上のバンドが出演したが、そのどのバンドもあなたの好みでなければ、広い芝生のうえでドーナツを食べ、スチール製ケージで出来たボールの中で運転するオートバイを観戦するだけでもいいのだ。

By Molly Andruskevicius

Download – A Festival For All

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss