全86曲!あなたにポップなクリスマスを:ベスト・クリスマス・ポップ・プレイリスト

12月 5, 2017


全86曲!あなたにポップなクリスマスを:ベスト・クリスマス・ポップ・プレイリスト

毎年、日が暮れるにつれ、お店はけたたましくなり、私たちが聴いて育った曲たちは急に私たちの生活のBGMとして再び戻ってくる。スレイドの「Merry Xmas Everybody」を聴いては祖父母が元気を取り戻した記憶や、毎年繰り返されるワム!の「Last Christmas」を聴けば、ヤドリギの下で初めて手さぐりでロマンチックなキスをした記憶などなど。言うまでもなく、クリスマス・ソングはいつもノスタルジアな気分を味わせてくれるのだ。

おそらく、クリスマスのポップ・プレイリストが物語るように、これだけ多くのコンテンポラリーなポップ歌手が、心地よく馴染みのあるものに新たな活気を与える新解釈をクリスマス・ソング集に求めるのはそういった理由からだろう。マルーン 5がシャープにカヴァーしたジョン・レノンの「Happy Xmas (War Is Over) [邦題: ハッピークリスマス(戦争は終わった)]」はおしゃれなコンテンポラリーの輝きをクラシック曲に吹き込み、サム・スミスの「Have Yourself A Merry Little Christmas」は従来どおりカヴァーされているものの、それでもなお、洗練されていたりと取り組むにあたって神聖すぎるものは何もないように見える。

そして中には、コラボレーションによるクリスマス・ポップ・ソングもある。特に1984年のバンド・エイド以降、やはり、この季節は共有するためのものであり、音楽的な集まりはちょっとした現代の伝統として成長してきた。数ある中でもDNCEとチャーリー・プースとリタ・オラらが参加した「Santa Claus Is Coming To Town(邦題:サンタが街に)」のカヴァーは、みんなが招待されたくなるクリスマス・パーティーの印象を与え、実生活でもカップルのグウェン・ステファニーとブレイク・シェルトンによるロマンチックな「You Make It Feel Like Christmas」はあなたの未婚のおばを赤面させはしないものの、確実に知った風なほてり顔の雰囲気を与えるだろう。

想像よりも、クリスマスのヒット曲を書くのは実に難しい。しかし、ジャスティン・ビーバーによる最近の提供曲「Mistletoe」はアメリカ、イギリスの両チャートに力強く登場してきた。その一方で、ライアン・テダーのバンド、ワンリパブリックは2011年の「Christmas Without You」で非常に信頼性のある任務をやってのけた。しかしもちろん、全く新しい何かがクリエイティヴな山を登るには険しすぎると分かれば、すでに世の中に出回っているクリスマス・ポップ・ソングの大きな袋から借りればいいのだ。ニュー・シーカーズによる70年代のメガヒット「I’d Like To Teach The World To Sing 」は、カナダのテナーズによってスマートでお祭り的な展開にカバーされた「Santa’s Wish (Teach The World)」として知られることになるといったことは、少なくとも大晦日まで提供される芽キャベツの残り物よりもずっと新鮮な一曲だ。

もしくは、あなた自身のクラシックなクリスマス・ポップ・ソングをちょうどレコーディングしなおしたマライア・キャリーの例を理解すればいい。彼女が新しく手がけた「All I Want For Christmas Is You」はかなり元気なR&B調で、季節的な華やかさはほとんどない。だから気難しいことは抜きに、この12月をにこやかに過ごしてみてはどうだろう。クリスマスは一年で最も素晴らしい季節、そしてこれらの曲があなたをいいムードに包んでくれる。さあ、シェリー酒を回してくれるのは誰だろうか。

Written by Mark Elliott



ベスト・クリスマス・ポップ・プレイリストをSpotifyで聞く

クリスマス・プレイリストをフォローしよう!

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です