ビーチ・ボーイズの初であり”ほぼ唯一”の全米アルバム1位はライブ盤

12月 6, 2017


ビーチ・ボーイズの初であり”ほぼ唯一”の全米アルバム1位はライブ盤

1964年が終わるまでに、アメリカのトップグループの一つとして世間に認められたビーチ・ボーイズ。3年足らずで、全米シングルチャートに17曲以上がランクインし、そして1964年に初めて「I Get Around」で全米1位に輝いた。

今や国際的魅力を持ったバンドの彼らは、1964年の初めに彼らの初となる海外ツアーを実施。オーストラリア・ツアーを行ったあと、初のアメリカツアーを遂行。そして11月には初のプロモーションツアーとしてイギリスを回った。その時のバンドで唯一手にしていないものは全米アルバムチャートの1位だったが、同じ年の12月5日に、彼らの初ライブ・アルバムがチャート1位を獲得することになった。

MOA_Images_670.jpg

そのアルバム『Beach Boys Concert』は主に、彼らの地元であるカリフォルニア州サクラメントのシビック・オーディトリウムで8月1日に開催された際に録音されたものだった。グループはその時までにすでにチャート入りしたアルバムが6枚あり、そのうちの4枚はゴールド、そして中でも1963年後半にリリースされた『Little Deuce Coupe』はプラチナ・アルバムとなっていた。

このライブ盤は、終わろうとしていたあの時代のかけがえのない貴重な記録である。なぜなら、ブライン・ウィルソンはスタジオ活動に専念するためにビーチ・ボーイズのツアーからリタイヤしようとしていたからだ。アルバムには、サクラメントはもちろん、1963年の年末に行ったライブからも幾つかの音源を収録し、若さ溢れるグループの活動がとらえている。

「Fun, Fun, Fun」や「Little Deuce Coupe」、「I Get Around」など彼ら自身のヒット曲から、ディオンのヒット曲「The Wanderer」やチャック・ベリーの「Johnny B. Goode」、さらにはボビー・ボリス・ピケット & ザ・クリプト・キッカーズの1962年のヒット曲「Monster Mash 」など、面白いロックンロールのカバー曲たちがアルバムには収録されている。

1964年12月、彼らのアルバムはバーバラ・ストライサンドの『People』から首位の座を奪い、その後、新年に突入するお祝いムードの間中、アメリカで1位の座を4週間も守り続けた。しかし彼らはスタジオ・アルバムでビルボード・チャートのトップを獲得することは一度もなく、このライブ・アルバム以外では1974年にリリースしたベスト・アルバム『Endless Summer』のみが全米1位を獲得しているアルバムとなる。

Written By Paul Sexton



ビーチ・ボーイズ / Beach Boys Concert【1LP】【輸入盤】【アナログ】
ビーチ・ボーイズ『Beach Boys Concert』
btn_store_link  download_jtunes_link applemusic_1711_800_link spotify_logo_link

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です