(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Playlists

ジャズ通12名:特筆すべきパフォーマンスをプレイリストで紹介

Published on

クールであること。それは多くのアーティストが欲しがり、極めて少数の人が意のままに繰るもの。今日のロックやポップの限られたエリートと、過去の卓越したヴォーカリストの導き手達の、スタイルと中身のコンビネーションによって醸し出されるもの。

特筆すべきパフォーマンスをここに幾つか列挙しよう。広く知られたものからそれほどではないもの、町にいる大勢の非常にクールなジャズ・プレイヤー達、会長のフランシス・アルバート(フランク・シナトラの本名)からそのラット・パックの頼もしいパートナーであるディーノその人まで。ペギー・リーとサラ・ヴォーンの魅惑的なトーンから、ロバート・パーマーブライアン・フェリーの洗練された後年、キッド・クレオールのズートスーツからチェット・ベイカーの教養溢れるトランペットとヴォーカル・コンビネーションまで。

この他にも都会派ヴォーカリストが数多く存在する。例えばダイナ・ワシントン、ナンシー・ウィルソン、ジュリー・ロンドン等の20世紀の女神達など。そしてトリを務めるのは、力の抜けた現代のクールなジャズ・プレイヤー、ボズ・スキャッグスによる非常に洗練された最高傑作だ。

Robert Palmer & Peggy Lee

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

4 Comments

4 Comments

  1. Pingback: reDiscover 'Pressure Drop' - uDiscover

  2. Pingback: ロバート・パーマーの言葉20選 - uDiscover

  3. Pingback: ジャズ最高のシングル100選 | uDiscoverJP

  4. Pingback: 直感で演奏し世界中を魅了したシンガー/トランペッター、チェット・ベイカーの栄枯盛衰 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss