ジャズ通12名:特筆すべきパフォーマンスをプレイリストで紹介

June 2, 2014


ジャズ通12名:特筆すべきパフォーマンスをプレイリストで紹介

クールであること。それは多くのアーティストが欲しがり、極めて少数の人が意のままに繰るもの。今日のロックやポップの限られたエリートと、過去の卓越したヴォーカリストの導き手達の、スタイルと中身のコンビネーションによって醸し出されるもの。

特筆すべきパフォーマンスをここに幾つか列挙しよう。広く知られたものからそれほどではないもの、町にいる大勢の非常にクールなジャズ・プレイヤー達、会長のフランシス・アルバート(フランク・シナトラの本名)からそのラット・パックの頼もしいパートナーであるディーノその人まで。ペギー・リーとサラ・ヴォーンの魅惑的なトーンから、ロバート・パーマーブライアン・フェリーの洗練された後年、キッド・クレオールのズートスーツからチェット・ベイカーの教養溢れるトランペットとヴォーカル・コンビネーションまで。

この他にも都会派ヴォーカリストが数多く存在する。例えばダイナ・ワシントン、ナンシー・ウィルソン、ジュリー・ロンドン等の20世紀の女神達など。そしてトリを務めるのは、力の抜けた現代のクールなジャズ・プレイヤー、ボズ・スキャッグスによる非常に洗練された最高傑作だ。

Robert Palmer & Peggy Lee

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , , , , , , , , , , ,