(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ザ・ビートルズの『Let It Be』が全米アルバム・チャート5位に返り咲き、51年ぶりにTOP5入り

Published on

The Beatles - Photo: Ethan A. Russell

2021年10月15日にスペシャル・エディションがリリースされたザ・ビートルズ(The Beatles)の『Let It Be』が、最新の全米アルバム・チャート(10月30日付)で5位に返り咲いた(全英では2位、日本では4位を記録)。

1970年にザ・ビートルズの最後のスタジオ・アルバムとして発売され、ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:Get Back』のサウンドトラックとしても知られる同作品は、1970年6月13日から7月4日にかけての全米アルバム・チャートで4週連続で首位を獲得し、彼らにとって19作目の全米No.1アルバムとなった。

<関連記事>
ビートルズ『Let It Be』制作背景と“ゲット・バック・セッション”。解説その①
ビートルズ『Let It Be』作品の位置づけとは?最後のアルバムなのか?解説その②

The Beatles’ Let It Be Special Editions are OUT NOW

最新ミックスや未発表音源、グリン・ジョンズ・ミックスによる『Get Back LP』などが収録された今回のスペシャル・エディションは、様々な形態で発売されており、新旧すべてのヴァージョンがデータ追跡の対象となり、最新のチャートに反映される。

全米チャートを集計するニールセン・サウンドスキャンのMRCデータによると、『Let It Be』は、10月21日までの週に、全米で55,000枚のアルバム換算セールスを記録し(前週比3,899%増)、うちフィジカル・アルバムの実売は48,000枚(前週比11,570%増、同週トップ)、ストリーミング再生のアルバム換算(SEA)は6,000枚(前週比589%増、834万回の単曲オンデマンド再生相当)、単曲ダウンロードのアルバム換算(TEA)は1,000枚(前週比1,180%増)となっている。

アルバム『Let It Be』が全米チャートに登場したのは、120位にランクインした2010年12月以来となり、TOP10入りを果たしたのは、4位を記録した1970年8月以来となる。

Let It Be (1969 Glyn Johns Mix)

『Let It Be』スペシャル・エディションは、プロデューサーのジャイルズ・マーティンとエンジニアのサム・オケルによって新たにミックスされ、ステレオ、5.1サラウンドDTS、Dolby Atmosの各フォーマットに対応しており、全フォーマットで、フィル・スペクターが“リプロデュース”したオリジナル・ヴァージョンを参考にしたニュー・ステレオ・ミックスを採用。このニュー・ミックスは、1969年1月30日にロンドンのサヴィル・ロウ3番地にあったアップル・コアのビルの屋上で行われた、ザ・ビートルズの42分間のルーフトップ・コンサートの8トラック・テープから直接作り出されている。

この新たな『Let It Be』の発売にあわせて、11月25日からはピーター・ジャクソン監督による新ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:Get Back』がディズニープラスにて独占配信される他、同名の映画公式書籍も発売されている。

Written By Sam Armstrong



ザ・ビートルズ『Let It Be』(スペシャル・エディション)
2021年10月15日発売
5CD+1Blu-ray / 2CD / 1CD / 4LP+EP / 1LP / 1LPピクチャーディスク


最新ドキュメンタリー
『ザ・ビートルズ:Get Back』

11月25日(木)・26日(金)・27日(土)ディズニープラスにて全3話連続見放題で独占配信

監督:ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、『彼らは生きていた』)
出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター

伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの3日連続6時間の時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、ディスニープラスで独占配信。巨匠ピーター・ジャクソン監督によって、“Get Back(復活)”を掲げて集まった4人が名盤『Let It Be』に収録される名曲の数々を生み出す歴史的瞬間や、ラスト・ライブとなった42分間の“ルーフトップ・コンサート”が史上初ノーカット完全版として甦る。解散後、半世紀を超えて明かされる衝撃の真実とは?

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト

「ザ・ビートルズ:Get Back」|予告編|Disney+ (ディズニープラス)

映画公式書籍
『ザ・ビートルズ:Get Back』(日本語版)


価格:¥ 8,800 (本体 8,000+税)
発売日:2021年10月12日発売予定  ページ数:240ページ
サイズ:B4変型判(302mm x 254mm) ハードカヴァー仕様(上製本)
ISBN:978-4-401-65036-1
発売:株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
購入はこちら




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss