(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ブライアン・メイが宇宙の無人探査機に捧げる20年振りのソロ曲「New Horizons」発売

Published on

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイが、2019年の元旦に予定されているNASAのミッション・コントロール・センターでの”ニュー・ホライズンズ”(人類初の冥王星を含む太陽系外縁天体の探査を行う無人探査機)の打ち上げにあわせて、20年振りのソロ・シングル「New Horizons」をリリースすることを明かした。

天体物理学の博士号を持つギター・レジェンドは1998年の『Another World』からの「Why Don’t We Try Again」以来、ソロ・シングルを発表しておらず、この度、成功すれば人類史上最も遠くに飛んで行く宇宙探査機となる、NASAのニュー・ホライズンズに捧げる楽曲をリリースするのだという。このトラックでは、晩年のスティーヴン・ホーキング博士の肉声もフィーチャーされている。

「このプロジェクトは私に新たな刺激をくれたんです」とブライアン・メイは語っている。「私の人生における2つの側面、天文学と音楽を一緒にやってみるというのはワクワクするチャレンジでした。この素晴らしいNASAミッションでのプロジェクトの扇動者であるアラン・スターンが昨年5月、私にこの挑戦を持ちかけてくれたんです。彼から、ニュー・ホライズンズが新たな目的地に辿り着いた時に奏でる、極限をテーマにした作品を書いてもらえないかと依頼されたんです」。

ブライアン・メイはさらにこう続けた。「人類が到達し得る最も遠い場所になるっていうアイデア自体が刺激的でした。宇宙探査機から地球に送られてくる画像を通じて、史上最も遠い場所にある物を間近で見ることができるです。これは人類の、自分たちの住む宇宙を理解したいという、絶え間ない探究心の象徴のように思えます。もし新たに壮大な近接遭遇が起こったりすれば、2006年1月のプロジェクト発足以来、このミッションに膨大な労力を注いできた人たちは、グランド・ピアノくらいの大きさの探査機の中に実際にいるような気分になるんでしょうね。この探査機の“目”を通じて、私たちはカイパーベルト天体が何からできているのかということを初めて学び始めることができ、それが太陽系がどうやって生まれたかについての貴重な手掛かりになるかもしれません」。

シングル「New Horizons」は東部標準時間2019年1月1日12時2分にiTunesで(こちら)リリースされる予定である。

ブライアンのインスタグラムではティザー映像が公開となっている。

 

View this post on Instagram

 

Brian Harold Mayさん(@brianmayforreal)がシェアした投稿

クイーンの名曲「Bohemian Rhapsody」が20世紀において最もストリーミングされた楽曲となったことは以前にuDiscoverでもお伝えした通りだが、同名の映画は史上最も大きな売り上げを記録した音楽伝記映画となっている。

Written by Tim Peacock



クイーン『Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)』
絶賛発売中
CD購入はこちら

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox
映画公式サイト

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss