(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

クイーンのキャリアで最も大きなコンサートの一つ:1976年ハイド・パークでの無料ライヴの裏側

Published on

Photo: Chris Walter/WireImage

クイーン(Queen)は、結成50周年を記念して毎週公開しているミニドキュメンタリーシリーズ「Queen The Greatest」の第10弾「1976年 ライヴ・イン・ハイド・パーク – Picnic by The Serpentine」を公開した。

<関連記事>
映画『ボヘミアン・ラプソディ』6/4に金曜ロードショーで地上波初放送決定
クイーン結成50周年記念、全作品のデラックス盤が日本のみ再発。先着特典はトレカ

Queen: 1976 Live in Hyde Park – Picnic by The Serpentine

今週のエピソードは、1976年9月18日、クイーンのキャリアで最も大きなコンサートの一つになっているものだ。当時のバンドは、応援してくれているファン達へ感謝の気持ちを伝えるために、何か特別なことをしたいと考え、ロンドンの中心地ハイド・パーク公園での無料コンサートを計画した。

しかし、こういった大規模なイベントには困難がつきものだ。当時の貴重なインタビューやニュース映像を見ると、危うくバンドが逮捕されるところというまさに記憶にも残る一夜だった。クイーンがハイド・パークでライヴを行うことは、大規模なイベントであったが、大きな報いも得られるものであった。ブライアン・メイが当時のインタビューでこう語っている。

「私たちも含めて多くの人が8〜9週間かけて準備をしていました、許可が得られなかったり、芝生が大丈夫かどうか気になったりと、さまざまな心配事がありました。当時は干ばつが続いていて、雨が降らないと演奏してはいけないという、ちょっと変わったこともあった。そういうことがたくさんあって、最後の最後まで悩みました」

「(そして)大勢の観客の前で演奏したことはあっても、ここはロンドンであり、私たちのホームなので、何かが違うのです」

困難な状況にもかかわらず、コンサートは成功を収めた。当時のニュース番組の貴重な映像が示すように、バンドにとって大きな勝利でもあった。番組ではこう語られていた。

「5万人以上の人々が無料コンサートに集まり、9時間の間に逮捕者はわずか4人という驚くほど平和なコンサートでした。警察の存在は最小限に抑えられ、目に見えるところには40人の警官しかいませんでしたが、目に見えないところには少なくともその2倍の警官が控えていました。クイーンは、このコンサートのプロモーションに5万ポンドの私財を投じていました。たかがロックンロール、されどロックンロール、お金がかかるようです」

実際、観客の数は15万人から20万人と言われており、クイーンはハイド・パークを80分間にわたって揺らし続けた。しかし、バンドが最後にアンコールをしようとすると、警察が介入してきた。ブライアンはこう語っている。

「その時は誰も気づかなかったのですが、アンコールに出ると逮捕すると脅されてバンに押し込まれ、別の場所に連れて行かれたんです。とても奇妙でしたね。人ごみの中で神経質になっていたと思うし、暗闇の中で(人の流れや盛り上がりを)コントロールできるかどうかを心配していた。でも、それ以外はとても良かったですね」

このような一夜を残しておく必要があったため、コンサートは撮影され、その映像はすぐに「Somebody To Love」のプロモーションビデオに使用された。

Queen – Somebody To Love (Official Video)

ブライアンは最近になって当時を振り返ると、ハイド・パークでのライヴがクイーンにとって大きな一歩となったこと、そしてその夜がバンドにとってどのような意味を持っていたかをこう語る。

「当時の私たちは世界中で地位を築いてきたけど、“イギリスは私たちのことをそんなにクールだとは思ってはいない”と感じていたことを覚えています。(でもハイド・パークでのライヴは)信じられないほどの満員で、まるでヒーローたちの凱旋のような歓迎を受けた気分でした」

それから約30年後の2005年7月、ブライアン・メイとロジャー・テイラーは、当時一緒に活動していたポール・ロジャースとともに、ハイド・パークに感動的な帰還を果たした。そのコンサートは当初は7月8日に予定されていましたが、市内で発生した壊滅的なテロのために延期となった。その1週間後には、バンドのゲストとして招待された数百人の救急隊員や救助隊員を含む大勢の聴衆を前に、感動的で忘れられない一夜を過ごしたのだった。

Queen + Paul Rodgers – Imagine (Live in Hyde Park)

Written By Tim Peacock


クイーン【リミテッド・エディション】シリーズ全15タイトル発売決定

クイーン結成50周年を記念して、長らく入手困難だったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】が、日本でのみ再発決定!!

SHM-CD2枚組、各2,934円(税込)
2021年5月19日発売

【クイーン結成50周年記念キャンペーン】
2021年5月19日(水)発売のクイーン【リミテッド・エディション】シリーズ全15タイトルと対象カタログ作品の中から、1タイトルご購入毎に、先着購入者特典として、特製トレーディング・カードをランダムで1枚プレゼント。特製トレーディング・カードは全50種類。

詳しくはこちら



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss