(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ポール・マッカートニーの児童書『High In The Clouds』がNetflixで映画化決定

Published on

ポール・マッカートニーによる児童書『High In The Clouds(邦題:あの雲のむこうに)』がNetflixで映画化されることが決定した。

プレス声明によると、『High In The Clouds』はティーンエイジャーのリスである「ウィラル」が、ある日思いがけず非道なリーダーで素晴らしいシンガーでもあり、彼女を出し抜く者の声を奪ってしまうというふくろうの「グレッチ」を敵にまわしてしまったことで、雲の上に住む弱気なティーンエイジャーの反逆者たちの一味に引き込まれるというストーリーだ。

ポール・マッカートニーと児童文学作家のフィリップ・アーダー、そしてイラストレーターのジェフ・ダンバーが共同執筆した『High In The Clouds(邦題:あの雲のむこうに)』は2005年に出版され、2013年にも映画化が報じられていた。また、その2年後には、ポール・マッカートニーがこの映画のために新たに7、8曲を書き下ろし、その中の1曲ではレディ・ガガがゲスト参加していることが明かされていた。ポール・マッカートニーは、Netflix製作による同映画のために、オリジナル楽曲を提供しているとのことだが、現時点では、その中に以前に報じられていた楽曲が含まれているかどうかは明らかにされていない。

映画『High In The Clouds(邦題:あの雲のむこうに)』の共同プロデューサーにはポール・マッカートニーが、監督にはアカデミー賞ノミネート歴を誇る映像作家でアニメーターのティモシー・レカート(『Head over Heels』)が、脚本にはジョン・クロカー(『パディントン2』、『Desert Dancer』)が名を連ねている。

ポール・マッカートニーは同映画についてこうコメントしている。「Netflixと手を組めることを大変嬉しく思っています。ゴーモン(製作会社)での素晴らしいチームが完成形となるでしょうし、世界の観客にこの作品を届けるには、これ以上ないパートナーだと思っています。僕はずっとアニメ映画が大好きだったので、これは僕にとって情熱を注ぐべき重大プロジェクトになります。世界中の皆さんにこの映画を観てもらうのが待ちきれないです」。

ポール・マッカートニーは先月のブラック・フライデーに開催されたレコード・ストア・デイにあわせて、最新アルバム『Egypt Station』のためにレコーディングしていた2つの未発表曲「Home Tonight」と「In A Hurry」を発表した。また、つい先日は、来年のグラストンベリー・フェスティバルに、史上最年長のヘッドライナーとして出演することが発表されている。

Written By Tim Peacock



ポール・マッカートニー『Egypt Station (Explorer’s Edition)』
  

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss