(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ポール・マッカートニー、最新アルバムから新曲「Fuh You」リリック・ビデオ公開

Published on

Paul McCartney – Fuh You (Lyric Video)

ポール・マッカートニーが期待高まるニュー・アルバム『Egypt Station』から新曲「Fuh You」を公開した。上記で新曲のリリック・ビデオをご覧いただける。

『Egypt Station』はポール・マッカートニーが2013年に発表した『NEW』以来の新作で、ロサンゼルス、ロンドン、サセックスでレコーディングされた。アルバム全編のプロデュースはグレッグ・カースティン(過去プロデュース作品はアデル、ベック、フー・ファイターズなど)が手掛けているが、この新曲「Fuh You」のみはワンリパブリックのライアン・テダーがプロデュースしている。

「この一曲だけはライアン・デダーとスタジオで作り上げたんだけど、他の曲は全部グレッグ・カースティンと一緒に作ったんだ」とポール・マッカートニーはブロードウェイの取材に語った。「曲のアイデアと、いくつかのメロディやコードについて考えているうちに少しずつ楽曲が出来上がったんだ。それから歌詞の中にストーリーを作り出そうと思って、”ねえ、ベイビー、君のことを教えて!本当の君を僕に教えて!”みたいなところから始まり、君が何を感じているか知りたい、君の心を盗みたい、君が欲しいんだ、っていうのがベースになって、そこから発展していったんだ。ラヴ・ソングみたいなものかな、でも淫らなラヴ・ソングね。それが”Fuh You”だよ」

以前にuDiscoverでお伝えした通り、ザ・ビートルズのレジェンドのニュー・アルバムはキャピトル・レコードから9月7日にリリースされる予定だ。アルバム・タイトルはポール・マッカートニーによる絵画作品の一つから付けられている。「”Egypt Station”っていう言葉が好きなんだ」と彼は語る。「僕たちがアルバムらしいアルバムを作っていた時代を思い出させてくれるんだ…このアルバム”Egypt Station”は1曲目の駅を出発して、その後に続く曲がそれぞれ違う駅みたいな感じだね。そうして全ての曲が繋がっていくんだ。音楽が出発するには夢のような場所だと思うよ」。

ポール・マッカートニーは充実した夏を過ごしている。リヴァプールで即興ライヴを開催したり、アビイ・ロードを散歩したり、ジェームズ・コーデンのCarpool Karaoke企画に登場したり、ケンドリック・ラマーを聴いたりと、現在トラックリストが公開されている新作『Egypt Station』へ向けて着々と準備をしている。

アルバム『Egypt Station』収録曲は以下の通り:

‘Opening Station’
‘I Don’t Know’
‘Come On to Me’
‘Happy With You’
‘Who Cares’
‘Fuh You’
‘Confidante’
‘People Want Peace’
‘Hand in Hand’
‘Dominoes’
‘Back in Brazil’
‘Do It Now’
‘Caesar Rock’
‘Despite Repeated Warnings’
‘Station II’
‘Hunt You Down / Naked / C-Link’

Written By Tim Peacock


↓LPも取扱い開始↓

ポール・マッカートニー『Egypt Station』
2018年9月7日発売

   

両A面シングル「アイ・ドント・ノウ / カム・オン・トゥ・ミー」配信中!

  


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss