(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

エリック・クラプトン、新映像作品『The Lady In The Balcony: Lockdown Sessions』を11月に発売

Published on

エリック・クラプトン(Eric Clapton)が、新たな映像作品『The Lady In The Balcony: Lockdown Sessions(レディ・イン・ザ・バルコニー:ロックダウン・セッションズ)』を2021年11月12日にリリースすることを発表した。

作品は、DVD、ブルーレイ、CD、DVD+CD、ブルーレイ+CD、4K UHD+ブルーレイ、2LP、イエロー・ヴィニール盤LP、DVD+ブルーレイ、CDに40ページの12インチ×12インチのハードカヴァー写真集付きのデラックス・エディション、デジタル・ビデオ、そしてデジタル・オーディオというマルチ・フォーマットでリリースされ、日本盤のみCDにボーナス・トラック1曲が収録される(4K UHD+ブルーレイ、LPは輸入盤のみの発売)

<関連記事>
エリック・クラプトンの20曲
エリック・クラプトン、コロナ禍での無観客ライブが日本劇場公開に

Eric Clapton: The Lady In The Balcony: Lockdown Sessions – Trailer

このプロジェクトは、パンデミックの影響を受け、2021年5月ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートが結局キャンセルになり、その代わりにイギリスのウェスト・エセックスでバンド仲間と集まり開始した小さなコンサートの様子を収録したもの。参加メンバーは、ネイザン・イースト(ベース&ヴォーカル)、スティーヴ・ガッド(ドラム)、クリス・スティントン(キーボード)で、クラプトンのお馴染みのスタンダード曲に加えて、ブルースからカントリー、そしてレアなナンバーなどをアコースティックで演奏した。

クラプトンのグラミー賞受賞作などをプロデュースして長年にわたり付き合いのあるレジェンド・プロデューサーのラス・タイトルマン(ジェイムズ・テイラー、ジョージ・ハリスン、ブライアン・ウィルソン、ランディ・ニューマン、リッキー・リー・ジョーンズ)が見守る中、クラプトンと仲間たちは、ウェスト・エセックスにあるカウドレー・ハウスでライヴ・レコーディングされたこの作品で、時代を超えた名曲を再び取り上げている。膨大なレパートリーの中から、最も愛されている曲を厳選して演奏するだけでなく、クラプトンとバンド・メンバーは、ピーター・グリーン時代のフリートウッド・マックの楽曲など、自分自身や、自分と同世代の仲間たちのキャリアに深い影響を与えた曲も取り上げてカヴァーしている。

このプロジェクトは、パンデミックの影響を受け、2021年5月のロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートが結局キャンセルに追い込まれてしまったことに端を発している。クラプトンは、このコンサートに代わるものを求めてさまざまな選択肢を考えながら、イギリスの田舎でバンド仲間と集まり、小さなコンサートを開催することにした。参加者は自分たちだけ。しかしながらカメラだけは回し続けた(クラプトンの妻のメリアが、唯一の部外者で、このセッションのタイトルは、その事実からインスピレーションを得たものである)。このほとんどアコースティックによるセットは、エリック・クラプトンの“アンプラグドII”になるのかと思われたが、そうはならなかった。エレクトリック・ギターで演奏された曲が3曲あったからである。

結果、出来上がった作品は、単純にグレイテスト・ヒットの羅列ではなかった。彼自身にとっての永遠の名曲を知ることができる興奮するような体験を我々に与えてくれるこのアルバムでのパフォーマンスは、クラプトンの全キャリアの中でも、もっともプライベートでオーセンティックなものだと言える。

尚、2021年10月8日(金)より『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』(原題:LOCKDOWN SESSIONS)と題されて劇場公開される映像は、このDVD/BDとは一部別編集されたものとなり、劇場上映版のみで観ることができるオフ・ショット、インタビュー等の15分以上の別映像も収録されている。

Written By uDiscover Team



エリック・クラプトン『The Lady In The Balcony: Lockdown Sessions』
2021年11月12日発売
デラックス・セット<DVD+ブルーレイ+CD> / DVD+CD / DVD / CD
ブルーレイ+CD / ブルーレイ / 2LP / 2LPカラー / 1DVD+1Blu-ray+1CD / 1Blu-ray UHD+1Blu-ray

【収録曲】

1. Nobody Knows You When You’re Down And Out
2. Golden Ring
3. Black Magic Woman
4. Man of the World
5. Kerry
6. After Midnight
7. Bell Bottom Blues
8. Key to the Highway
9. River of Tears
10. Rock Me Baby
11. Believe in Life
12. Going Down Slow
13. Layla
14. Tears in Heaven
15. Long Distance Call
16. Bad Boy
17. Got My Mojo Working
18. Isn’t It A Pity  *日本盤ボーナストラック


映画「エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ」予告編

映画『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』情報

オフィシャルHP / 公開劇場(随時更新):  (随時更新中)

10月8日(金)より新宿ピカデリー他全国期間限定公開

※特別料金\2,200(税込)ドルビー・アトモス上映は追加料金がかかる場合があります。

原題:LOCKDOWN SESSIONS
監督:デヴィッド・バーナード
出演:エリック・クラプトン、スティーヴ・ガッド、ネイザン・イースト、クリス・ステイントン、ラス・タイトルマン、他
配給:Eastworld Entertainment / カルチャヴィル
89分/カラー/イギリス/2021年
©2021 Bushbranch Productions Ltd All Rights Reserved

【劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』曲リスト】
Driftin’ Blues
Nobody Knows You When You’re Down And Out
Golden Ring
Black Magic Woman
Man of the World
For Kerry
River of Tears
Rock Me Baby
Believe in Life
Going Down Slow
Layla
Tears in Heaven
Bad Boy
Got My Mojo Working



エリック・クラプトン『Eric Clapton (Anniversary Deluxe Edition)』
2021年8月20日発売
CD&LP / iTunes / Apple Music



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss