(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Playlists

エリック・クラプトンのベスト20曲: ロックからブルース、アコースティックまで網羅するスローハンド

Published on

エリック・クラプトンのキャリアを、一体どうやって20曲でまとめたらいいだろう。おそらく不可能だが、古い格言はこういっている「不可能なことを可能にすれば、時間はかかるが、奇跡はいずれ起こすことができる」と。

<関連記事>
最高のギター・ソロ・ベスト100 : 髪の毛が逆立つ名プレイヤーたちの饗宴
クリームがどのようにしてサイケ・ブルースの伝説バンドになったのか

「Five Long Years」からリストを始めよう。もちろんこれはブルース曲で、彼がヤードバーズに在籍していた時の曲であり、1964年の3月13日にロンドンのマーキー・クラブでレコーディングされた。エリック・“スローハンド”・クラプトンは当時18歳であった。

Five Long Years (Live at the Marquee Club, 1964 – 2015 Remaster)

その2年後、エリックはジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズと共にスタジオ入りした。この貴重なレコーディングで、アルバム『The Beano』(*訳注:正式タイトルは『Blues Breakers With Eric Clapton』だが、ジャケット写真でエリック・クラプトンが読んでいるのが「ビーノ」というイギリスのコミック。それにちなみ、このアルバムは『The Beano』と呼ばれることがある)と「Steppin’ Out」が生まれた。

Steppin' Out

1966年7月に『The Beano』が発表になった時、エリック・クラプトンはジンジャー・ベイカーとジャック・ブルースと、新しい“スーパー・グループ”を結成しようとしていた。クリームは、その後に続くほぼ全てのハードロック・バンドのひな型–ギター、ベース、ドラムというラインナップの典型となる。

デビュー・アルバム『Fresh Cream』から、ウィリー・ディクソン作曲で、チェス・レコードのレジェンドであるハウリン・ウルフによってレコーディングされた曲「Spoonful」を20曲のリストの中に選んだ。

Spoonful

2年半を経て、クリームは4枚目のアルバム『Goodbye(邦題:グッバイ・クリーム)』でさよならを告げた。このアルバムには、エリック・クラプトンが新しく友人になったジョージ・ハリスンとの素晴らしい「Badge」が収録されていた。

Badge

もちろん、それからジョージ・ハリスンとクラプトンは何度も一緒にレコーディングをする。ハリソンが亡くなった後、クラプトンは有名なコンサート・フォー・ジョージのステージでポール・マッカートニーと一緒にハリソンの象徴的な曲「While My Guitar Gently Weeps」を演奏している。

While My Guitar Gently Weeps (Taken from Concert For George)

クリームの終焉は、ブラインド・フェイスの誕生を導いた。このバンドには、スティーヴ・ウィンウッドも在籍していた。われわれは、エリック・クラプトン作曲の「Presence of the Lord」を選んだ。

Presence Of The Lord

エリック・クラプトンのソロ・デビュー・アルバムは、1970年の夏に発表された。われわれが選んだのは、J. J.   ケイルの「After Midnight」の至極のカヴァーである。

After Midnight

エリック・クラプトンはソロ・デビュー・アルバム発表して間もなく、のちに『Layla and Other Assorted Love Songs(邦題:いとしのレイラ)』となるアルバムを作り始めた。アルバムのタイトル曲を選ぶこともできたが、代わりにジミー・コックスが1923年に作曲し、ベッシー・スミスによって有名になったブルース曲「Nobody Knows When You’re Down and Out(邦題:だれも知らない)」を選んだ。この素晴らしいバンドの魅力を凝縮した強烈な曲だ。

Nobody Knows You When You're Down And Out

アルバム『Layla and Other Assorted Love Songs』が世に出る前から、デレク・アンド・ドミノスはツアーを行なっていた。そこでわれわれは、ライヴ・アルバム『Live at the Filmore』より、「Crossroads」のカヴァーを選んだ。この曲には、エリックのロバート・ジョンソンに対する愛情が現れており、この曲を彼が初めて演奏したのは、クリーム在籍時だった。

Crossroads (Live At Fillmore East, New York / 1970)

1974年のアルバム『461 Ocean Blvd』には、ボブ・マーリーの「I Shot the Sheriff」のカヴァーが収録されていたが、この曲はシングルとして発表され、全米シングル・チャートで1位になった。この曲で、エリックは全く新しいオーディエンスと出会うことになった。

I Shot The Sheriff

エリック・クラプトンの全てのソロ・アルバムから曲を選ぶことはできないので、1997年発表の『Slowhand』に飛ぶ。情熱的な「Peaches and Diesel」を選んだ。「Wonderful Tonight」に対するインストゥルメンタル曲は、アルバムを締めくくる曲として、この上ない選択だった。歌詞が全くない曲であるにもかかわらず、リリカルなのだ。

Peaches And Diesel

そして1983年、エリックは『Money and Cigarettes』を発表。このアルバムからは、ブルースマンのトニー・マクレナンによって最初に発表され、後にエリックのギター・ヒーローの一人であるアルバート・キングによってR&Bチャートのヒット曲となった「Crosscut Saw」を選んだ。

Crosscut Saw (2018 Remaster)

エリック・クラプトンはそのキャリアを通して、友人のミュージシャン達の数々のアルバムに参加し、そのギター演奏で多くの作品の魅力を高めた。ビリー・プレストン、ドリス・トロイ、デラニー&ボニー、スティーヴン・スティルス、ジョージ・ハリスン、スティーヴン・ビショップ、マーク・ベノ、フィル・コリンズ、他にも多数のアルバムに参加している。

1985年、エリック・クラプトンはポール・ブレイディのアルバム『Back To The Centre』の一曲で演奏した。「Deep In Your Heart」は、彼がゲスト参加した曲の中ではあまり知られていない曲のひとつだが、美しい曲である。

Deep in Your Heart

その翌年、エリック・クラプトンは10枚目のスタジオ・アルバム『August』を発表した。バンド・メンバーと、キーボード奏者のグレッグ・フィリンゲインズと作曲した「Tearing Us Apart」はティナ・ターナーとのデュエットで、本当に素晴らしい。

Tearing Us Apart

エリック・クラプトンはスタジオ・アルバムのゲスト参加だけでなく、ライヴ・パフォーマーとしても有名だ。そして、彼のロイヤル・アルバート・ホールでの連続公演は、クラプトンと同義語となった。1991年のライヴ・アルバム『24 Nights』は、それらのコンサートの祝賀である。「Bell Bottom Blues」はデレク・アンド・ドミノス時代の曲で、彼には珍しく、オーケストラと共にレコーディングされた。彼の高揚感のある演奏は何も損なわれておらず、この曲を極めつけのヴァージョンにしている。

Bell Bottom Blues (Live at Royal Albert Hall, London, England, UK, 1990 – 1991)

読者の皆さんは「Layla」を入れないのだろうと思ったかもしれないが、オリジナルを入れる代わりに、彼のアンプラグド・アルバムから、美しいアコースティック・バージョンを収録した。

Layla (Acoustic) (Live at MTV Unplugged, Bray Film Studios, Windsor, England, UK, 1/16/1992)…

この『Unplugged』から2年後、アルバム『From The Cradle』が誕生した。エリック・クラプトンという人間の中枢となるブルースのカヴァー曲をまとめたアルバムだ。そして、これ以外に選ぶべき曲はないだろうとわれわれが判断したのが、マディー・ウォーターズの名曲「Hoochie Coochie Man」のカヴァーだ。

Hoochie Coochie Man

2000年、エリック・クラプトンは友人B.B.キングと組んで『Riding with The King』をレコーディング。ジョン・ハイアットのアルバム・タイトル曲は、2人の巨匠ギタリストを、何よりも見事に披露している。

Riding with the King

友人達と様々なプロジェクトで一緒に仕事したエリック・クラプトンは、ニューオリンズのレジェンド、ドクター・ジョンとも3曲一緒にレコーディングをした。ハリケーン・カトリーナ後に発表されたアルバム『City That Care Forgot』の「Time For A Change」もそのうちの一曲だ。この曲は2009年のグラミー賞で、最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバムを受賞した。

Time For A Change

2008年、エリック・クラプトンはスティーヴ・ウィンウッドとともに、マディソン・スクエア・ガーデンで3夜連続の公演を行なった。そして2人の旧友達は、ジミ・ヘンドリックスの「Little Wing」のカヴァーを始め、彼らのカタログからの曲で見事なコラボレーションを創造した。

Little Wing (Live from Madison Square Garden)

そして2010年代に辿り着くわけだが、22枚目のスタジオ・アルバムは、ソロキャリアの初期に立ち返ったアルバム『The Breeze: An Appreciation of J. J. Cale(邦題:ザ・ブリーズ〜J.J.ケイルに捧ぐ)』 だ。「They Call Me The Breeze」は、もとはエリックがデビュー・アルバムを発表した1970年にJ.J.ケイルによってレコーディングされた曲で、名曲である。J.J.ケイルとエリック・クラプトンの2人がなぜこれほどまでに魅惑的であるかを、明らかにしてくれる曲だ。

Eric Clapton & Friends – Call Me The Breeze (Official Music Video)

以上、エリック・クラプトンの20曲。彼のキャリアの物語を語る20曲である。われわれは、「この曲はどうした?」と言い出す人達がいるはずだと理解している。ぜひ、あなたのその曲が何かを知らせて欲しい。



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

4 Comments

Don't Miss