(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ブライアン・メイ「Driven By You」制作背景を語る「ソロ曲にすることをフレディが祝福してくれた」

Published on

2021年8月6日(国内盤CD発売は8月11日に変更)にリマスターや貴重な音源が追加されて発売される、ブライアン・メイ初のソロ・アルバム『Back To The Light(邦題:バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~)』から「Driven By You」の音源が公開となった。新たにミュージック・ビデオも制作され、日本時間6月25日深夜24時に公開される。全タイトルの予約はこちら

当初1991年11月にシングルとして発売された「Driven By You」は、全英シングル・チャートで6位、全米ビルボード・アルバム・ロック・チャートで9位を記録。新たなミュージック・ビデオの映像は、1991年にスペインのセビリアで開催されたコンサート「ギター・レジェンド」でブライアンが同曲をライヴで初めて歌った模様と、1992年に行われた自身の南米ツアーで撮影された映像が使用されている。ブライアンと共にこの曲を演奏しているのは、コージー・パウエル(ドラムス)、ニール・マーレイ(ベース)、スティーヴ・ヴァイ(リズム・ギター)を含むバンドに加え、リック・ウェイクマンとマイク・モーランがキーボードに、マギー・ライダー、ミリアム・ストックリー、クリス・モーランがバッキング・ヴォーカルに参加している。

<関連記事>
ロジャー・テイラー、約8年ぶりのソロアルバム『Outsider』を10月に発売決定
ブライアン・メイ、初ソロ作『Back To The Light』がリマスター&2CDで発売決定

Brian May – Driven By You (Official Video)

 

切っ掛けとなったフォードのCM

ブライアン・メイ初のソロ・ヒット曲「Driven By You」と、それを作るきっかけとなった自動車メーカーであるフォード社のテレビCMが生まれたのは、全く思いも寄らない所からであった。ブライアン・メイはこう語る。

「曲作りというのは、一種の謎なんです。曲がどこから生まれて来るのか分からない。私に分かっているのは、とあるCMプロデューサーと一緒にロサンゼルスのプールサイドに座っていたってことだけですね。彼はそこに座って日光浴をしていた。私は未来の妻と一緒にプールサイドで日光浴をしていて、そこでふとお喋りが始まったんです。彼は『へえ、それじゃ君は曲を書くんだね?』と言った。私は『うん、曲を書くよ』と答えた。すると、彼は『だったら、CMソングを書いてもらえるかな? 今までやったことある?』と、尋ねてきたんだ。そこで私は、『いや、これまでやったことはないな』と言った。彼が『やってみたいかい?』と尋ねてきたから、私は『ええ、とても面白そうだ』と答えたよ。そしたら彼が、“僕らのすることは全て君のため / Everything we do, we do for you”というスローガンをどう思う?と聞いてきたんです」

「そして私は、『いいね、共感できるよ』と答えた。それは私自身、心の中で感じられた気持ちですからね。それからそこに修正が加えられた。車が題材の曲だったから、『僕らのすることは全て、君に駆り立てられて(Everything we do is driven by you)』となって、私はさらに気に入ったんです。彼がそれを口にしてすぐ、私は小さなテープ・レコーダーを持ってバスルームに行き、浮かんだ曲をテープ・レコーダーに吹き込んだ。ヴァースの大部分とコーラスの一部を歌ったんだけど、突然、光が差し込んで、頭の中に曲が流れてきて、“Driven By You”全体が聞こえてきた。帰国して、すぐにスタジオに入り、彼らのために速攻で完成させました。そしたら、彼らがそれを気に入ってくれたというわけです」

 

フレディがかけてくれた言葉

ブライアンは、フレディ・マーキュリーの晩年、彼との間に特別な理解が生まれる上で、この曲「Driven By You」が助けとなったこと、そしてクイーンのヴォーカリストであるフレディが、親愛なる友人であり、バンド・メンバーでもあるブライアンに、ソロ・キャリアで「自分の翼を見つける / Find his wings」よう励ましてくれたことも明かしている。フレディについて、ブライアンは次のように語っている。

「私はこの曲をフレディに聴かせて、『フレディ、もしもこれがクイーンの曲になったら、まあ多分そうなるだろうけど、もちろん君が歌うべきだよ』と言うと彼は『君の歌はすごく良いじゃないか、ダーリン、これは君が歌うべきだよ』と言ってくれました。今にして思えば、私が上手く歌ったのか、本当に彼が思ったからなのか、それとも単に彼が歌うつもりになれなかったからなのか、私には分からない。でも彼は、『美しいし、素晴らしいし、このままで完成度が高いから、君がやるべきだ』と言ってくれてね。そして彼はとても深いことを言ってくれたんです。『僕らは皆、この先、僕の身に何が起きるのか、どうなってしまうのか考えているよね。君がそれを気まずく感じる必要はないんだよ。君は今、自分のソロ活動について考えるべきだし、もしこれがソロ活動の始まりとなるなら、それはとても価値のある始まりだ。君は君自身の翼を見つけなければ。そして、これは恐らくその始まりなんだよ』とね。フレディはすごく将来のことを見据えていて、いつもながらとても寛大で、これをソロ曲としてやることを許可してくれた。そして、私はそうしたんです」

「私はこの曲の歌詞を、人間関係で受けた傷を癒すセラピーとして書き換え、『僕のすることは全て、君に駆り立てられている/ Everything I do is driven by you』という内容にした。それをシングルとして発表したところ、ヒットになったんです。自分一人でも出来ることがあると感じられたのは、私にとって大きな励みとなりました。そこでの私はクイーンを構成する一部ではなかった。曲作りの核心として私が信じているのは、正にそういったことでした。つまり、時に人は、自分がなぜ曲を書いているのか分からなくなることがある。どこからそれが生まれて来るのかも分からない。だけど、様々な角度から考えて、納得できる一つの解釈に繋がることがあるんです。また、私にとって、物事には常に人生が絡んでいる。常に人間関係が絡んでいる。自分の恋愛関係、あるいは周りの人との関係。人間同士の触れ合い、相互作用ということだね。それは私にとって世界で最もエキサイティングなことであり、最も大切なことであり、人生において正しい方向に進むのが最も難しいことでもある。素晴らしいことを成し遂げられる人々は、世の中に大勢いるだろ。例えば、飛行機を飛ばしたり、月に行ったり。でも人間関係というのは……そう簡単なものじゃない。だからいつもそれがテーマとなるんです」

今回新たに発売される『Back To The Light』の2CDのディスク2である『Out of The Light』には、「Driven By You」のオリジナルのフォードCMヴァージョン、コージー・パウエル&ニール・マーレイによる1993年ヴァージョンなど、「Driven By You」の別ヴァージョンが3曲収録されている。

Written by uDiscover Team



ブライアン・メイ『Back To The Light』
2021年8月6日発売
(国内盤CD発売は8月11日に変更)
国内盤2CD / 国内盤1CD / 2CD+1LP / LP

DISC 1
1. The Dark
2. Back To The Light
3. Love Token
4. Resurrection
5. Too Much Love Will Kill You
6. Driven By You
7. Nothin’ But Blue
8. I’m Scared
9. Last Horizon
10. Let Your Heart Rule Your Head
11. Just One Life
12. Rollin’ Over

DISC 2: OUT OF THE LIGHT
1. Nothin’ But Blue (Guitar Version)
2. Too Much Love Will Kill You (Guitar Version)
3. Just One Life (Guitar Version)
4. Driven By You Two
5. Driven By You (Ford Ad Version)
6. Tie Your Mother Down (Featuring Slash) / Live on the Tonight Show with Jay Leno, 5th April 1993
7. Too Much Love Will Kill You / Live at the Palace Theatre, Los Angeles, 6th April 1993
8. ‘39 / Let Your Heart Rule Your Head / Live at the Brixton Academy, 15th June 1993
9. Last Horizon / Live at the Brixton Academy, 15th June 1993
10. We Will Rock You / Live at the Brixton Academy 15 June 1993
11. Driven By You – Cozy and Neil Version ’93



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss