(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ロックの殿堂で、ローリング・ストーン誌50周年の展示が開催

Published on

北米の象徴的な音楽、ポップ・カルチャー誌ローリング・ストーンが今年50周年を迎えた、2017年5月4日にオハイオ州クリーヴランドにあるロックの殿堂ミュージアムで、彼らの膨大な写真とインタビューのアーカイヴを音楽ファンに公開する展示が開始された。

ローリング・ストーン誌は1967年サンフランシスコで、ジャン・ウェナーによって設立された。1967年はザ・ビートルズの『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』や、ザ・フーの『The Who Sell Out』、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの『Are You Experienced?』や、ザ・ローリング・ストーンズの『Their Satanic Majesties Request』といった数多くの重要な音楽作品がリリースされた年だ。

「この雑誌に詳しい人ならば、ローリング・ストーンはその長いQ&Aスタイルのインタビューでよく知られているのをご存じだろう」とクリーヴランド・シーン誌の音楽ライター、ジェフ・ニーゼルはアメリカ・ラジオ局のWKSUで言った。「展示の一部には、ジャン・ウェナーが行った17のインタビューを含む映像が公開されています。ザ・フーのピート・タウンゼントやボブ・ディランが話す声を聴くことができます。そして、それらのインタビューがどのようにして誌面に登場したかも見ることができます。ここ最近では、ボブ・ディランのインタビューなんてめったにないですからね、彼がどんな感じで話していたかはとても興味深いと思いますよ」。

https://youtu.be/P-KRZ3r6UGM

ローリング・ストーン誌は、そのアルバム・レヴューやコンサート評でも世界中で知られている。ジェフ・ニーゼルは、「そのレヴューがインパクトを持って受け止められた時代に戻ることができます。ただオンラインにいき、100のレコードのレビューを読むだということじゃなく、もっとインパクトのあるものなんです」と語った。

メディアのフォーマットの変化にかかわらず、ジェフ・ニーゼルはローリング・ストーン誌が将来においても、きわめて重要であることを信じている。

「ローリング・ストーン誌は、通常のブロガーではもちえないアクセスを持っています」と彼は語る。「彼らはテイラー・スウィフトや、U2などあまりインタビューを受けないアーティストのインタビューも獲得しました。彼らは、いまだ、重要であり続けているのです。そして、そのライター達はキャリアをもち、他のライターの一段上にいるのです」。

Written by Tim Peacock


uDiscoverで他のクラシックロックの記事を読む

■ローリング・ストーン誌のオールタイムベストアルバムの第1位に選ばれたザ・ビートルズ『Sgt. Pepper’s~』50周年盤

■名作の日本盤が格安で購入できる『ロックの“最高傑作”50』キャンペーン

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss