(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

映画音楽のレジェンド、ジョン・ウィリアムズのニュー・アルバムが6月発売決定

Published on

© Stephan Rabold

映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズが、友人であり頻繁に共演を重ねてきたアンネ=ゾフィー・ムターのために作曲した新曲「ヴァイオリン協奏曲第2番」と、新たに編曲された3曲の映画テーマ曲を収録したアルバム『ムター・プレイズ・ジョン・ウィリアムズ』が2022年6月3日に発売されることが決定した。

ウィリアムズとムターは、ムターの元夫で指揮者・ピアニスト・作曲家であった故アンドレ・プレヴィンを通して知り合い、2017年にウィリアムズ作曲の「マーキングス」をムターが初演して以来度々共演しており、『アクロス・ザ・スターズ』(2019)、『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』(2020)の2つのヒット・アルバムへと繋がった。

ウィリアムズはこう振り返る。「アンネ=ゾフィーのために協奏曲の作曲を依頼されたとき、世界最高の芸術家のために作曲できる素晴らしい機会だと思いました。既に素晴らしいヴァイオリン協奏曲は沢山ありますから、もちろん大きなチャレンジでした」。さらに「シンデレラ・リバティのテーマを録音したとき、彼女のジャズに対する卓越した感覚を知りました。そこで、協奏曲の冒頭にソロ・ヴァイオリンの即興的なフレーズを書いたら、彼女は完璧に弾きこなしたのです。まさにアンネ=ゾフィーについての作品としか言いようがありません」と続けた。

ムターは「ジョン・ウィリアムズに協奏曲を作曲してもらうことは、私の生涯の夢でした」と語る。「私はずっとジャズが好きだったので、ヴァイオリンの最初の入りがジャズの自由さを持っていることを知ったときは特に嬉しかったです。最初は技術的な難しさに圧倒されました。しかし、ロックダウン中に毎日取り組むうちに、この曲はとても大切な友となりました。この素晴らしい音楽を深く探求し、創作過程の一部を感じることができたこと、ジョンが作曲し楽譜を改訂する際に話し合い、彼がいかにヴァイオリンを愛しているかを知ることができたのは貴重な体験でした」。

アルバムには、ムターのために新たにアレンジされた映画音楽、『ロング・グッドバイ』のテーマ、『スター・ウォーズ エピソード5 / 帝国の逆襲』から「ハン・ソロと王女」、『レイダース / 失われたアーク《聖櫃》』から「マリオンのテーマ」の3曲がカップリングされている。お馴染みのメロディが、ムターの卓越した歌心で表情豊かに奏でられている。

なお、本日よりヴァイオリン協奏曲第2番の「第2楽章:ラウンズ」が先行配信スタートとなった。

Williams: Violin Concerto No. 2 – II. Rounds

■リリース情報


ジョン・ウィリアムズ、アンネ=ゾフィー・ムター 
『ムター・プレイズ・ジョン・ウィリアムズ』
2022年6月3日発売
iTunes / Apple Music / Spotify / YouTube Music


■アーティスト情報

© Prashant Gupta

ジョン・ウィリアムズ

50年以上にわたりハリウッド映画音楽のトップランナーとして君臨するレジェンド

アカデミー賞受賞5回、グラミー賞受賞25回、ゴールデン・グローブ賞受賞4回など、数多の受賞歴に輝く巨匠ジョン・ウィリアムズは“オールド・スクール”と呼ばれるハリウッド映画音楽のレジェンドにして、コープランドやバーンスタインらのアメリカ音楽の伝統に連なる作曲家・指揮者・ピアニストである。

1932年2月8日ニューヨーク州生まれ。ロサンゼルス移住後、UCLAで学び、マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコに作曲を師事。空軍従軍後は、ジュリアード音楽院でロジーナ・レヴィンにピアノを師事した。ジョニー・ウィリアムズ名義のジャズ・ピアニストとしてデビュー後、ヘンリー・マンシーニの映画・テレビ録音でピアニストとして参加し、徐々に作編曲家として頭角を現す。映画音楽作曲家デビューは『Daddy-O』(1958)。『ポセイドン・アドベンチャー』(1972)、『タワーリング・インフェルノ』(1974)などの音楽を手掛け、ハリウッドを代表する作曲家のひとりとなる。この間、『屋根の上のバイオリン弾き』(1971)の編曲でアカデミー編曲賞を初受賞。さらにスティーヴン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』(1975)でアカデミー作曲賞を初受賞。ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)の音楽を手掛け、アカデミー作曲賞とグラミー賞3部門を受賞。

その他、『スーパーマン』(1978)、『7月4日に生まれて』(1989)と『J.F.K』(1991)、『ホーム・アローン』(1990)、『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)、などの音楽を手掛ける。

1978年にロサンゼルス・フィルを指揮してコンサート指揮者デビューを飾り、1980年ボストン・ポップス音楽監督に就任。1987年にはボストン・ポップス・エスプラネードと初来日し、1990年と1993年にボストン・ポップス来日公演を指揮した。1993年音楽監督勇退後、現在は同団桂冠指揮者およびタングルウッド音楽祭アーティスト・イン・レジデンスを務めている。




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss