(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

世界で活躍するピアニスト アリス=紗良・オット、3年振り10枚目のアルバム『Echoes Of Life』発売決定

Published on

クラシックの伝統を継承しつつも、新たなアプローチを模索するピアニスト、アリス=紗良・オットが、ニュー・アルバム『Echoes Of Life』を8月6日に発売する。独自の視点からショパンの傑作『24の前奏曲 作品28』に取り組み、さらに、この曲集の合間に自身が影響を受けた7つの現代作品を「間奏曲」のように挿入することで、個性的なストーリーを展開している。

オットは、ショパンの前奏曲はそれぞれの曲の合計以上のものであると感じている。「私にとって、これらは人生を反映しています。つまり、すべての瞬間が何らかの形でつながっているのです。一歩が次の一歩につながり、あるときは速く、あるときは遅く、あるときは円を描くように歩き、あるときは行き止まりに直面して引き返さなければなりません」。終わりは次の始まりで、全体は大きな弧を描く人生のようだ。

組み合わせられている現代作品は、盟友トリスターノがバッハの前奏曲をベースにこのアルバムのために書き下ろした〈イン・ザ・ビギニング・ワズ〉に始まり、ジェルジュ・リゲティ、ニーノ・ロータ、チリー・ゴンザレス、武満徹、アルヴォ・ペルトの作品へとジャンルも飛び越えつつ続く。

これらはそれぞれオットの人生に強い結びつきを持った曲で、ショパンの前奏曲の中にあっても絶妙のマッチングを示し、さらにショパンの現代性を浮き彫りにする。そして、最後はモーツァルトの死によって未完となったレクイエムのラクリモーサを元に、オットが作曲した美しい〈ララバイ・トゥ・エターニティ〉で「人生への永遠の問いかけ」を投げかけてアルバムは閉じられる。

「最初にこのアルバムのコンセプトを考えていたときには、音楽が私にとってこんなにも感情的な意味を持つとは予想していませんでした……全体を通して初めて聴いたとき、ショパンの前奏曲がいかに現代的で、挑発的で、時代を超越しているかを、現代の作品が裏付けていることに気づきました」

アルバムに先立ち、本日、アルバムから前奏曲第15番《雨だれ》のデジタル先行配信がスタートした。


■リリース情報

2021年8月6日発売
アリス=紗良・オット『Echoes Of Life エコーズ・オヴ・ライフ』
CD / iTunes / Amazon Music / Apple Music / Spotify


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss