(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

クリスチャン・ツィメルマン『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』より本日デジタル先行配信が開始

Published on

© Bartek Barczyk

世界中でベートーヴェン生誕250年を祝った昨年末、現代最高のピアニストのひとり、クリスチャン・ツィメルマンが、ベートーヴェンの5曲のピアノ協奏曲を一気に録音した。

この録音は彼にとって、1989年から1991年にかけて行われた旧録音から約30年を経ての再録音となった。今回は、長年にわたってベルリン・フィルの芸術監督を務めたサー・サイモン・ラトルが、現在音楽監督を務めるロンドン交響楽団を振っての共演となった。

© Mark Allan

ツィメルマンは「これらの作品をこの何年か演奏していなかったので、とても懐かしく感じています」と語り、その魅力について「生涯演奏することができるのに、それでも無性に弾きたいと感じさせる、ベートーヴェンの協奏曲はそんな作品です」と述べている。

© Mark Allan

本日、その全集から「ピアノ協奏曲第4番第3楽章」のデジタル先行配信がスタート。CDの国内盤の発売も発表された。3枚組となるCDの国内盤は7月9日に発売。国内盤は普通のCDプレーヤーでも再生でき、MQA対応の機器を使用すれば、ハイレゾ品質を楽しむことができるハイレゾCD(MQA-CD x UHQCD)を採用し、88.2kHz/24bitのハイレゾ音源を収録している。

Beethoven: Piano Concerto No. 4 in G Major, Op. 58 – III. Rondo. Vivace

また、レーベル面にはCDプレーヤー内で反射する不要なピックアップ光を吸収する“グリーン・カラー・レーベルコート”を採用して高音質にこだわった仕様での発売となる。


■リリース情報

2021年7月9日発売予定
サー・サイモン・ラトル指揮、ロンドン交響楽団

クリスチャン・ツィメルマン『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』
iTunes / Amazon Music / Apple Music / Spotify

収録曲:
ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15
ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品19
ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 《皇帝》




 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss