(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

シュープリームス vs ビートルズ:1964年全米シングルチャートでの争い

Published on

1964年末には、双方の戦闘態勢は整っていた。大西洋を挟んだ英米両国から、それぞれの国を代表する選りすぐりのグループが一組ずつ登場したのだ。クリスマスには、両代表が競う親善試合シュープリームスザ・ビートルズが組まれ、両陣ともに勝利をおさめた。

Beatles I Feel Fine
どちらのグループも、特にアメリカでこの年は途方もない成功を収めていた。12月までの段階で、シュープリームスはポップ・チャートのトップ20に5枚連続でシングルを送り込み、続いて「Where Did Our Love Go(邦題:愛はどこへ行ったの)」と「Baby Love」という特大のヒット曲で立て続けに首位を獲得していた。それと同時期に、ザ・ビートルズはポップ・チャートの100位以内に28曲ランク入りという圧倒的な成績を残している。それも多くの場合、シングルの両面がヒットを記録していた。そして1位を獲得したシングルは4曲に及んだ。

どちらのグループも、1964年はもう1枚シングルを出す予定だった。シュープリームスは「Come See About Me」、一方ザ・ビートルズのシングルは「I Feel Fine」だった。戦いの火蓋は切られた。チャート入りはシュープリームスのほうが3週間早く、11月中旬に初登場66位を記録。12月上旬には「I Feel Fine」も続き、初登場でいきなり22位に入った。

12月19日付のシングル・チャートでは「Come See About Me」が首位に到達し、シュープリームスはこの年3枚目の1位を獲得した。しかしその座はクリスマスまで保てなかった。翌週にはザ・ビートルズが「I Feel Fine」で首位に到達。それから3週間1位を維持し、1965年最初の1位も獲得した。

その後、驚くべきことに「Come See About Me」がザ・ビートルズと入れ替わりで再び1位に立った。一方「I Feel Fine」のB面「She’s A Woman」も最高4位に入るヒットを飛ばし、これで1964年のビートルズは合計30曲をシングル・チャートに送り込むことになった。大人気グループ同士の戦いは、このあと1965年以降も続いていく。

Written by Paul Sexton



ダイアナ・ロス&シュープリームス / 愛はどこへ行ったの【生産限定盤】【CD】

シュープリームス『Where Did Our Love Go』

btn_store_link spotify_logo_link download_jtunes_link applemusic_1711_800_link

uDiscoverの60年代モータウン・プレイリストをSpotifyで聴く。

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

3 Comments

Don't Miss