(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ブルースとR&Bに敬意をささげたザ・ローリング・ストーンズのファースト・アルバム

Published on

そのアルバムが1964年4月中旬にリリースされてから4年後、ミック・ジャガーは、 ザ・ローリング・ストーンズのファースト・アルバムについて「僕は自分たちのファースト・アルバムのことがとても好きなんだ。なぜなら、収録されているのは、僕らがステージでやってきた曲ばかりだからね」と語った。バンドが、このアルバムが録音された1月の初めの2日間と2月末の2日間の計4日の間(*訳注:期間は5日間の説もあり)もツアーを行い、毎日演奏していたことを考えると、 彼らがよく知っており愛した音楽を収録したのは、驚きには値しない。

9曲のカヴァー・ヴァージョン、キース・リチャーズとミック・ジャガーによる1曲のオリジナル、そして、グループで作曲された2曲(1曲はフィル・スペクターの手を借りている)でイギリスにおけるザ・ローリング・ストーンズのデビュー・アルバムは構成された。 このアルバムはすべてロンドンにある高性能な(しかもお手頃!)なスタジオのひとつ、リージェント・サウンドで録音された。アルバムにはわずかのオーヴァーダビングがあるが、バンドのライヴで聴くのと近いサウンドとなっている。すべての楽曲は、1年に及ぶ絶え間ないツアーで完璧に仕上がっていた。

このバンドのファースト・アルバムは、アンドリュー・ルーグ・オールダムの裏方におけるクリエイティビティの頂点でもある。彼は自身を信じ、ザ・ローリング・ストーンズを信じ、アルバムのカヴァーには名前を入れず写真のみでバンドを認識させるよう作り上げた。もし許されたなら、デッカのロゴさえも取り除いたに違いない。

Stones 1st album side 2
Stones 1st album side 1
アルバムに収録された9曲のカヴァーはこちら:

「I Just Wanna Make Love To You(邦題:恋をしようよ)」
ウィリー・ディクソン作詞作曲、1954年4月に、マディ・ウォーターズが録音。

「Route 66」
オリジナルは、1946年6月に、キング・コール・トリオがUS R&B chartで1位を獲得。ザ・ローリング・ストーンズ・ヴァージョンは、1962年のチャック・ベリーによる解釈にインスピレーションを受けている。

「Honest I Do」
1957年10月のジミー・リードによる全米R&B TOP5ヒット。彼の全米シングル・チャートにおける最大のヒット曲でもある(最高位32位)。

「(Mona)I Need You Baby (邦題:愛しのモナ)」
オリジナルは、1957年のボ・ディドリーによる楽曲。

「I’m a King Bee(邦題:キング・ビー)」
オリジナルは、1957年のスリム・ハーポによる楽曲。

「Carol」
1958年9月の チャック・ベリー の全米R&Bヒット。全米シングル・チャートでも19位を獲得。

「Can I Get a Witness」
マーヴィン・ゲイによる1963年11月の全米US R&B、そして全米シングル・チャートのヒット曲。 シュープリームスがバック・ヴォーカルを務めた。

「You Can Make it If You Try(邦題:ユー・キャン・メイク・イット)」
1958年1月のジーン・アリソンによる全米R&B Top5ヒット(全米シングル・チャートは36位)。

「Walking the Dog」
ルーファス・トーマスによる1963年10月の全米R&B TOP5ヒット。全米シングル・チャートもランク・イン。

『The Rolling Stones』はイギリスで、5月初旬から12週1位をキープし、その年のベスト・セラー・リストを維持した。数か月後、『England’s Newest Hitmakers』とリパッケージされ、アメリカでのファースト・アルバムとなった。


『The Rolling Stones』の視聴はこちら
ザ・ローリング・ストーンズのアーティスト・ページはこちら

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss