(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

アバがまたも「The Name Of The Game」でNo.1

Published on

1974年に「Waterloo(邦題:恋のウォータールー)」でユーロヴィジョン・コンテストで優勝した後、アバの世界的な活躍は何かと不安定だった。しかし、特にイギリスではNo.1シングルを6枚生み出すなど、その勢いが止まららず、1977年後半には6枚のリリースの内5作目だった「The Name Of The Game(邦題:きらめきの序曲)」がリリースされた。

ABBA 1977一連の記録は「Mamma Mia」に始まり、続いて「Fernando」、「Dancing Queen」、そして「Knowing Me, Knowing You」とあったが、意外なことにスウェーデンのポップのチャンピオンにとってテーマ曲とも言える「Money, Money, Money」が3位で、その連続記録を途絶えさせた。

この新しく独特の雰囲気の楽曲は、他の多くの楽曲のようにベニー・アンダーソンとビヨルン・ウルヴァースがバンドのマネジャーだったスティグ・アンダーソンと制作し、シンプルに『The Album』と名付けられた次のLPのために最初に書き下ろした曲だった。「The Name Of The Game」はドイツ、オランダ、オーストラリア、そしてもちろんスウェーデンを含む数々の国でトップ10・シングルとなった。アメリカでも最高12位、アダルト・コンテンポラリー・チャートではトップ10入りし、良好の結果だった。しかし「The Name Of The Game」によって、アバは本当に時代のトップ・ヒット・メーカーであるという評判を拡大したのは、イギリスだった。

全英シングル・チャート入りは控えめの20位だったが、その翌週に5位に駆け上がり、頂点も間近だった。1977年11月5日、もうひとつのヨーロッパのポップ人気曲バカラの「Yes Sir, I Can Boogie(邦題:誘惑のブギー)」から王座を奪い、1位で1か月留まる記録が始まった。さらに「The Name Of The Game」はイギリスの人々の『The Album』への期待を刺激したため、アルバムは、1978年初めにチャート入りし、7週連続チャート首位を達成した。

Written by Paul Sexton



UICY-77953アバ『The Album』

btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic

 

uDiscoverの70年代プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss