スターばかりが参加したリンゴ・スターの『Goodnight Vienna』

Published on

ザ・ビートルズ直後のジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスンのキャリアは称えられることが多い中で、グループ解散後からの数年にわたるリンゴ・スターの大活躍は見過ごされがちだ。1971年から1975年の間、リンゴ・スターは7枚の全米トップ10シングルを発表し、その内2枚は1位を獲得、さらに全米2位を獲得し、プラチナ認定されたアルバムもある。1974年11月15日には『Goodnight Vienna(邦題:グッドナイト・ウィーン)』を発表し、その成功はさらに続くこととなった。

1932年のイギリスのミュージカル映画からそのタイトルを拝借し、リンゴ・スターはプロデューサーのリチャード・ペリーとともにロサンゼルスでレコーディングを行い、ファースト・シングル「Only You」のリリースの数日後にアルバム『Goodnight Vienna』を発売した。「Only You」はリンゴ・スターが若い頃に聴いたポップ曲のカヴァーをいかに好むかを示した一例で、前年の1973年に「You’re Sixteen」で全米トップを飾った後、プラターズによって有名になったバック・ラム作曲「Only You」のリンゴ・スターのヴァージョンもまたヒットしたのだ。

リンゴ・スターの「Only You」は、ザ・ビートルズに深く関わる人たちのリユニオンでもあった。ジョン・レノンのアコースティック・ギターをはじめ、ビリー・プレストンがエレクトリック・ピアノ、そしてハリー・ニルソンがバッキング・ヴォーカルをつとめた。全米で6位、地元イギリスでは28位を達成した。

『Goodnight Vienna』はどこから捉えてもスターだらけの作品で、エルトン・ジョンとロビー・ロバートソンがともに、エルトン・ジョンとバーニー・トーピンが書き下ろした「Sookeroo」で演奏している(次のシングルで全米3位を記録したヒット「No No Song」の両A面シングルとしてリリース)。その他にゲイリー・ライト、クラウス・フォアマン、ジム・ケルトナー、ボビー・キーズ、ニッキー・ホプキンスら多数のゲストが参加した。アルバムは全米8位を記録してゴールドを達成、イギリスではシルヴァーが認定された。

Written by Paul Sexton


リンゴ・スター『Goodnight Vienna』

   



リンゴ・スター『What’s My Name』
発売中
CD /LP/ LP(限定カラーバイナル) / iTunes

What’s My Name tracklisting & credits:

Produced by: Ringo Starr
Recorded and mixed by: Bruce Sugar
Pro Tools Editing: Bruce Sugar
Recorded at: Roccabella West Studio, United Recording

Gotta Get Up To Get Down (Richard Starkey, Joe Walsh)
Drums, Vocals: Ringo Starr
Guitar, Vocals: Joe Walsh
Clavinet, Synthesizer, Vocals: Edgar Winter
Bass: Nathan East
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

It’s Not Love That You Want (Richard Starkey, Dave Stewart)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Dave Stewart
Bass: Nathan East
Piano: Jim Cox
Clavinet: Benmont Tench
Synth Horns: Bruce Sugar
BGV: Windy Wagner, Amy Keys
Additional Engineering: Ned Douglas

Grow Old With Me (John Lennon)
Drums, Vocals: Ringo Starr
Bass, BGV: Paul McCartney
Guitar: Joe Walsh
Piano: Jim Cox
Violin: Rhea Fowler, Bianca McClure
Viola: Lauren Baba
Cello: Isaiah Gage
Accordion: Allison Lovejoy
String Arrangement by Jack Douglas, Daniel Cole
Assistant Engineer on string session: Wesley Seidman

Magic (Richard Starkey, Steve Lukather)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar, Piano: Steve Lukather
Bass: John Pierce
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

Money (That’s What I Want) (Berry Gordy, Janie Bradford)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
BGV: Maxine Waters, Julia Waters
Piano, Organ, Synth: Bruce Sugar

Better Days (Sam Hollander)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Piano: Grant Michaels
Organ: Peter Levin
Bass: Kaveh Rastegar
Guitar: Pete Min
BGV: Zelma Davis, Garen Gueyikian
Horns: James King
Produced by: Ringo Starr, Sam Hollander

Life Is Good (Richard Starkey, Gary Burr)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
Organ: Benmont Tench
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

Thank God For Music (Richard Starkey, Sam Hollander)
Drums: Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Synth Bass, Piano, Organ: Jim Cox
Synth Voice Pad: Bruce Sugar
BGV: Maxine Waters, Julia Waters

Send Love Spread Peace (Richard Starkey, Gary Nicholson)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Dudas
Bass: Nathan East
Organ, Piano: Benmont Tench
BGV: Windy Wagner, Amy Keys

What’s My Name (Colin Hay)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar, BGV: Colin Hay
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
Harmonica: Warren Ham
BGV: Maxine Waters, Julia Waters

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version