リンゴ・スターの新作に収録されるポール参加のジョン・レノンのカヴァー曲が公開。リンゴ自身が語る経緯とは

Published on

リンゴ・スターが2019年10月25日にリリースする通算20作目のスタジオ・アルバム『What’s My Name』から、強く心に訴えるジョン・レノンの楽曲「Grow Old With Me」のカヴァーを公開した。ベースとバッキング・ヴォーカルにポール・マッカートニーが参加しているこのヴァージョンには、他にもザ・ビートルズの再会とも言える特別な要素を秘めていることをリンゴ・スターが明かしている。

 

オリジナルのレコーディングは、リンゴ・スターが最近になってその存在について知ったというジョン・レノンのデモ音源の一部だった。この曲の冒頭でジョンが、「これは君にぴったりの曲なんだ、リンゴ」と言っていたとリンゴ・スターは説明する。

「生前、ジョンは僕のことを感情的な人間だと言っていました。そして、とにかく僕はこの曲が大好きで、最高のものにしたかった。ジョンのことを深く想うと、込み上げてくるものがあるんです。僕はベストを尽くしましたし、他のみんなもそうしてくれました」

「それからもうひとつ幸運だったのは、僕はどうしてもポールに参加してもらいたくて、彼がそれを快諾してくれたこと。スタジオに来たポールはベースを弾いて、僕と一緒にちょっとだけ歌ってくれました。僕とポールが(ジョンの曲で)歌っている。宣伝のためなんかではなく、ただそれがやりたかったんです。それから、ジャック(・ダグラス)が担当したストリングス・アレンジをよく聴いてもらえれば、ジョージ・ハリスンの‘Here Comes The Sun’の一節が入っているのがわかると思います。ですからある意味これは僕たち4人の曲なんです」

「Grow Old With Me」はジョン・レノンが生前最後に手掛けた作品のひとつで、彼が殺害される直前となる1980年、バミューダ諸島で書かれたものだ。その地で彼はデモをレコーディングしていたが、アルバム『Double Fantasy』の収録には間に合わず、同デモ音源は、ジャック・ダグラスがプロデュースを手掛け、ジョン・レノンの死後、1984年にリリースされたコンピレーション・アルバム『Milk and Honey』に収録された。

 

その後もこの曲は、1995年のメアリー・チャピン・カーペンターのアルバム『Working Class Hero — A Tribute to John Lennon』や2008年のグレン・キャンベルのアルバム『Meet Glen Campbell』など、過去数回にわたってカヴァーされてきた。

 

Written By Paul Sexton


リンゴ・スター『What’s My Name』
2019年10月25日発売
CD /LP/ LP(限定カラーバイナル) / iTunes

What’s My Name tracklisting & credits:

Produced by: Ringo Starr
Recorded and mixed by: Bruce Sugar
Pro Tools Editing: Bruce Sugar
Recorded at: Roccabella West Studio, United Recording

Gotta Get Up To Get Down (Richard Starkey, Joe Walsh)
Drums, Vocals: Ringo Starr
Guitar, Vocals: Joe Walsh
Clavinet, Synthesizer, Vocals: Edgar Winter
Bass: Nathan East
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

It’s Not Love That You Want (Richard Starkey, Dave Stewart)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Dave Stewart
Bass: Nathan East
Piano: Jim Cox
Clavinet: Benmont Tench
Synth Horns: Bruce Sugar
BGV: Windy Wagner, Amy Keys
Additional Engineering: Ned Douglas

Grow Old With Me (John Lennon)
Drums, Vocals: Ringo Starr
Bass, BGV: Paul McCartney
Guitar: Joe Walsh
Piano: Jim Cox
Violin: Rhea Fowler, Bianca McClure
Viola: Lauren Baba
Cello: Isaiah Gage
Accordion: Allison Lovejoy
String Arrangement by Jack Douglas, Daniel Cole
Assistant Engineer on string session: Wesley Seidman

Magic (Richard Starkey, Steve Lukather)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar, Piano: Steve Lukather
Bass: John Pierce
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

Money (That’s What I Want) (Berry Gordy, Janie Bradford)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
BGV: Maxine Waters, Julia Waters
Piano, Organ, Synth: Bruce Sugar

Better Days (Sam Hollander)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Piano: Grant Michaels
Organ: Peter Levin
Bass: Kaveh Rastegar
Guitar: Pete Min
BGV: Zelma Davis, Garen Gueyikian
Horns: James King
Produced by: Ringo Starr, Sam Hollander

Life Is Good (Richard Starkey, Gary Burr)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
Organ: Benmont Tench
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

Thank God For Music (Richard Starkey, Sam Hollander)
Drums: Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Synth Bass, Piano, Organ: Jim Cox
Synth Voice Pad: Bruce Sugar
BGV: Maxine Waters, Julia Waters

Send Love Spread Peace (Richard Starkey, Gary Nicholson)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Dudas
Bass: Nathan East
Organ, Piano: Benmont Tench
BGV: Windy Wagner, Amy Keys

What’s My Name (Colin Hay)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar, BGV: Colin Hay
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
Harmonica: Warren Ham
BGV: Maxine Waters, Julia Waters




『Abbey Road』50周年記念エディション:フィジカル6形態とデジタル配信にて発売
①4枚組スーパー・デラックス・エディション
②2CDデラックス
③1CD
④3LPデラックス・エディション
⑤1LP
⑥カラー1LP
デジタル/ストリーミング
の各フォーマットで発売。

全てのフォーマットの購入はこちらから

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version