(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

夫婦デュオ、デラニー&ボニーのデラニー・ブラムレットを偲んで

Published on



デラニー・ブラムレットは、妻のボニーと組んでブルース、ロック、ゴスペルをミックスし、極上のアメリカン・ルーツ・ミュージックを作り出した偉大なるソングライター/ギタリストだった。

デラニーがミシシッピ州ポントトクで生まれたのは1939年7月1日のことだった。この偉大なるソングライター/ギタリストは、妻のボニーと組んで極上のアメリカン・ルーツ・ミュージックを作り出した。またそうした活動の中で、さまざまなミュージシャンとも親交を深めていった。彼が親しく付き合ったミュージシャンの中には、エリック・クラプトンジョージ・ハリスンオールマン・ブラザーズ・バンドグレッグ・オールマンとデュアン・オールマン、レオン・ラッセルといったそうそうたる顔ぶれが並んでいる。

20歳の誕生日を迎えたころ、デラニーはロサンゼルスに移り住み、すぐにセッション・ギタリストとして引く手あまたの存在になった。テレビの音楽番組『Shindig』では、ハウス・バンドのシンドッグズのメンバーとしてレオン・ラッセルと共に度々演奏していた。そのころ既に、彼の未来の妻ボニー・オファーレルは十代にしてアルバート・キングのバンドやアイク&ティナ・ターナーのアイケッツで歌っていた。

デラニーとボニーは1967年に結婚。それからすぐにスタックス・レーベルと契約する。スタックスは黒人経営者がオーナーだったが、白人も黒人も区別なく扱うという進んだポリシーを持っており、デラニー&ボニーとの契約にもそうしたポリシーがはっきりと表れていた。この白人デュオのファースト・アルバム『Home』は1969年にスタックスから発売される。プロデュースを担当したのは、ドン・ニックスとドナルド・”ダック”・ダン(ブッカー・T&ザ・MG’sのメンバー)だった。

このアルバムのレコーディングには、ブッカー・T&ジ・MG’sのメンバー全員に加えて、ラッセル、アイザック・ヘイズ、ウィリアム・ベル、カール・ラドル(のちにクラプトンと共にデレク&ザ・ドミノスを結成)も参加している。アルバムはヒットしなかったが、ふたりはエレクトラ・レーベルに移籍し、デラニー&ボニー&フレンズというグループ名を名乗るようになる。ふたりのファンとなったミュージシャンはさらに増え続け、クラプトンやハリスンもその仲間入りをすることになった。デラニー&ボニーはレオン・ラッセルと「Superstar」を共作し、さらにはクラプトンのファースト・アルバム『Eric Clapton』(1970年発表)にも「Let It Rain」を提供している。

ハリスンは、デラニー&ボニーにアップル・レーベルとの契約まで持ちかけた。ふたりはその契約を進めようとしたが、結局アップルとの契約話はご破算となり、エレクトラとの契約も打ち切られてしまう。クラプトンは1969年にブラインド・フェイスでツアーした際にデラニー&ボニーを前座に起用し、アトコ・レーベルとの契約もお膳立てした。

以後デラニー&ボニーは充実したアルバムを何枚か発表し、ツアーも続けたが、1973年に離婚している。その後もふたりは芸能活動は続けたが、デラニーはアルバム『A New Kind of Blues』を出したあと、2008年に亡くなった。

一方ボニーはバッキング・ヴォーカリストや俳優として活躍を続け、1991~92年にはテレビのコメディ番組『ロザンヌ』に度々出演した。ちなみにデラニー&ボニーの娘ベッカは、1990年代にフリートウッド・マックに一時期メンバーとして加わっている。

デラニー&ボニーのスタックスでのデビュー・アルバム『Home』はチャートではヒットしなかったかもしれない。しかしこれはアメリカーナ風味を存分に讃えたサザン・ソウルの傑作だった。ここにはふたりのオリジナル曲に加えて、「My Baby Specialises」や「Things Get Better」といったR&Bの名曲のカヴァーも収められている。これは、いまだに輝きを失っていない必聴の名盤だ。ルーツ・ロックに多大なる貢献をしたデラニーの功績は、もっと称讃されるべきだろう。

Written By Paul Sexton



『Home』

  

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss