(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

reDiscover:ステイタス・クォー初の全英1位獲得アルバム『Hello!』

Published on

Quo

ステイタス・クォーの傑作10枚が、ユニバーサル ミュージック・カタログから発売されるレコード盤ボックスセット『The Vinyl Collection 1972-1980』として帰ってくる。

Quo 73 tour

私たちが愛するチャート常連のハード・ロック・バンド、ステイタス・クォーの名声を確立した作品集の中から3作品をここで再評価したいと思う。セットはまず1972年の『Piledriver』で始まり、最後に1980年の『Just Supposin’』で締めくくられる。それぞれの作品はオリジナル・テープからリマスタリングされ、オリジナルのジャケを使用し、限定ポスターが含まれている。LP収録曲すべてをデジタル・ダウンロード・コードを入力して入手可能である。

1973年発売の『Hello!』でステイタス・クォーは初めてUKナンバーワンの座を手にし、その年はイギリス人のメンバーにとって画期的な年になった。シングル「Paper Plane」の成功がきっかけとなり、ステイタス・クォーがよりハードなロック・サウンドになってから最初のトップ10入りとなった。

Caroline.quo

最初の「Pictures Of Matchstick Men」と「Ice In The Sun」の人気、そして1971年にパイ・レコードからリリースされた『Dog of Two Head』のシングルでトップ20にランクインした「Mean Girl」からブランクを経て、やっとファンたちは彼らに“追いついた”。8月末には6枚目となるアルバムが発売された。

「Caroline」はその2年前にフランシス・ロッシとボブ・ヤングが書いた(“ずっとレコーディングをする時間がなくて、リリースしていない多くの曲が結構あるんだ”とロッシは話している)。その魅力的なブギー・ロックはゆっくりとUKトップ10へと登りつめた。その頃になると『Hello!』は同じランキング・ポジションでいきなりチャートに登場した。しかしそれはまだ始まりに過ぎなかった。1973年10月末、「Caroline」が5位にランクインした週、アルバムが1位を獲得した。そして1974年を迎えてもチャートに残り続けていた。

Quo

メンバー全員がセルフ・プロデュース・アルバムの曲作りに貢献した。アルバムからのシングルは「Caroline」だけだったが、バンドを代表する「Roll Over Lay Down」も収録されており、この曲は1975年に発売されたEP『Live!』のリード・トラックとしてヒットした。サウンズ誌は1973年にこう書いている、「ファンたちは彼らのその強引なロックン・ロール・ブランドを求めて何度も戻ってくる」。


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss