(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

クイーンの初の全米1位獲得シングルは?

Published on

1980年2月23日、クイーンは米Billboard誌のシングル・チャートで初の1位を獲得した。79年末にイギリスでのチャート首位を逃していた「Crazy Little Thing Called Love(邦題:愛という名の欲望)」が、1か月のあいだアメリカで首位を独占したのである。

この曲の作曲をひとりで手掛けたのはフレディ・マーキュリーである。彼のヴォーカルに深いエコーがかかった正統派ロックン・ロール・スタイルの同曲は、1979年の11月に本国イギリスで2週の間2位を記録した。その間1位の座を守っていたのはドクター・フックの名ポップ・ナンバー「When You’re In Love With A Beautiful Woman」だった。

一方、アメリカではキャプテン&テニールの「Do That To Me One More Time」を退けて1位に浮上した。そして、ピンク・フロイドの「Another Brick In The Wall」に取って代わられるまで4週間の間そのポジションを維持し続けた。

crazy-little-thing-called-love-1979

それまでアメリカでは4位(「We Will Rock You」と「We Are The Champions(邦題:伝説のチャンピオン)」を併録したシングル)が最高位だったクイーンにとってこれは大きな出来事だった。「Crazy Little Thing Called Love」はアメリカとイギリス、オランダでもゴールド・ディスクを獲得した。

「ミュンヘンのヒルトン・ホテルの風呂で物思いに耽っていたときに書いた曲なんだ」マーキュリーはフレッド・ブロンソンの著作『The Billboard Book of Number One Hits』の中でそう語っている。彼はバスタブから出てすぐにギターとピアノでメロディを考えたと言われている。「次にはバンドのリハーサルでアレンジを考えて、僕もリズム・ギターを弾くことにしたのさ」

さらに、マーキュリーは続ける。「みんなすごく気に入ってくれて、レコーディングすることになった」という。「完成した音源はまるで風呂場で録ったみたいだった。僕の曲らしくはないけど、僕の曲らしさなんてないのかもしれないね」

クイーンのローディのリーダーだったピーター・ヒンスはMojo誌の2009年の取材で、この曲の誕生秘話について認めている。「風呂に入っているとき、彼はこの曲のアイデアを思い付いたのさ。彼は飛び出してタオルを巻き、僕が手渡したギターですぐにコードを考え始めた。彼はすばらしいポップ・ソングを生み出すコツを知っているんだ」。




クイーン『Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)』

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
2018年11月9日日本全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox
映画公式サイト

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss