マーヴィン・ゲイ「How Sweet It Is」でソウルもポップも制覇

December 13, 2018


マーヴィン・ゲイ「How Sweet It Is」でソウルもポップも制覇

マーヴィン・ゲイのチャート・キャリアの最初の数年は、あまり交わることのない2つのファン層に支えられていた。1964年後半には、彼はソウル・ファンにとってはすでにモータウンの憧れのスターになっており、R&Bのトップ10入りは少なくとも7曲あった。しかし、その中でポップ・チャートにも記録を残したのは、「Pride & Joy」のたった1曲だった。1964年11月21日、マーヴィン・ゲイは「How Sweet It Is (To Be Loved By You)」で全米シングル・チャート入りを達成し、のちに両チャートでトップ10入りを果たし、クロスオーヴァーに成功した。

イギリスでは、マーヴィン・ゲイにとって初めてソロとしてシングル・チャート入りを達成した曲で、12月12日に49位を記録した。その4か月前、メアリー・ウェルズとのデュエット「Once Upon A Time」で初めてイギリスでチャート入りし、同じく1週間在位したが、全英ベストセラーで50位までしか達成できなかった。

ホーランド=ドジャー=ホーランドによるこの曲は、88位で全米シングル・チャート・デビューを果たした。マーヴィン・ゲイが本物のクロスオーヴァー・スターになるに連れ、1月の終わりには6位を記録、R&Bでは3位を達成した。

素晴らしい曲を再利用することに積極的だったモータウンは、2年も経たないうちにジュニア・ウォーカー&ザ・オールスターズで同曲をカヴァーし、R&Bでトップ3、ポップでトップ20入りを記録した。また、同時期にこの曲をレコーディングしたその他のモータウンのアーティストには、エルジンズ、アール・ヴァン・ダイク&ザ・ソウル・ブラザーズも含まれている。のちに発表された無数の解釈の中では、おそらくジェイムス・テイラーのヴァージョンが最も印象に残り、昔のソウルとポップのヒット曲を自身のアコースティック・スタイルにいとも簡単に取り入れるジェイムス・テイラーのスキルを示す典型的な曲であり、1975年に全米ポップ・チャートで5位を達成した。その後にマイケル・マクドナルドが2003年のアルバム『Motown』に「How Sweet It Is」を収録し、再び登場することとなった。

Written by Paul Sexton

マーヴィン・ゲイ アーティスト・ページ
アルバム『How Sweet It Is』をSpotifyで聴く
uDiscoverのベスト・モータウン・ソング・エヴァー・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , ,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *