マーヴィン・ゲイが『Let’s Get It On』で得たロマンティックでソウルな進歩

9月 15, 2018


マーヴィン・ゲイが『Let’s Get It On』で得たロマンティックでソウルな進歩

若干22歳にして、1961年からアルバムをリリースし始めたマーヴィン・ゲイ。1964年にマリー・ウェルズとのデュエット・アルバム『Together』が世にリリースされ、その3年後に彼のファンはポップなリスナーたちへと移り変わった。1971年、より成長したマーヴィン・ゲイは、名作『What’s Going On』でメインストリームなリスナーたちと本当に繋がるようになったが、1973年の9月15日からチャート入りし始めたアルバム『Let’s Get It On』でいっそう頂点を極めることになった。

マーヴィン・ゲイのファンたちは、アルバム発売の2か月前の7月にチャートインし、全米シングル・チャートで6週連続の2位を獲得したタイトル・トラック「Let’s Get It On」の五感に訴える素晴らしさゆえに、同名アルバムへの期待を大きくしていた。「Let’s Get It On」がその年のアメリカで、最も長く1位に輝いたポップ曲となったことは、マーヴィン・ゲイの13番目のスタジオ・アルバム『Let’s Get It On』にとって完璧な事前広告となった。

LGIO single音楽評論家たちはこのアルバムに対して満足げに喜んだ。「マーヴィン・ゲイは彼の声をリードとバックグラウンドの両方で使って、“What’s Going On” で歌ったよりもほんの少しシュールで夢のようなクオリティを作り出した。今までの彼の作品の最高の出来だ」とローリング・ストーン誌のジョン・ランダウはレビューしている。

「初期の作品では、彼は神の意志と男の人生の間のヴィジョンの違いを歌っていた」とジョン・ランダウは続けた。「しかし、今や彼は愛や性といった宗教的ではないことに夢中だ。それにもかかわらず、時に単純な歌詞を雄弁に表現しながら、しかも素晴らしい宇宙的な倍音で、激しく愛と性を伝え続けているんだ」。

レコードバイヤーたちは同意した。モータウンはナショナル・ランプーン誌やカレッジ版タイム誌に広告枠を取得し、新しい方法で従来のファンよりも若いリスナーに向けてアルバムを宣伝した。その結果『Let’s Get It On』は大成功し、これまででもっとも上位のエントリーとなった28位でチャート・デビューした。

アメリカでは、3週間でプラチナ・ディスクとなり、全米アルバムチャートで首位のザ・ローリング・ストーンズの『Goats Head Soup(邦題: 山羊の頭のスープ)』に阻止されながら2位を獲得した。『What’s Going On』のアルバム最高位だった6位を追い抜き、前作の全米チャートよりも8週間多い合計61週間もの間、チャートインし続けた。

Written by Paul Sexton



Marvin Gaye Gets To A Romantic Soul Landmark

 

マーヴィン・ゲイ『Let’s Get It On』

btn_store  download_jtunes applemusic_link spotify_logo

 

 

 

uDiscoverのマーヴィン・ゲイ Best Of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です