(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

あなたが知らないかもしれないマルーン5『Red Pill Blues』20の事実

Published on

楽しくも実験性を持ったマルーン5の6枚目のアルバムは、また今後の10年に彼らがヒットを連発していくことを予期させる快作だ。だがあなたが『Red Pill Blues』のすべてを知っていると思ったら大間違いだ。ということで『Red Pill Blues』について知っておくべき20の事柄をご紹介。

 

1.「Don’t Wanna Know」のユーモア満点のプロモーション・ビデオには、ケンドリック・ラマーのラップは使われなかった。

Maroon 5 – Don't Wanna Know

Maroon 5 - Don't Wanna Know

 

2.「Cold」のリミックスのサウンド・メイキングにあたって、ラッパーのグッチ・メインが呼ばれた。

3.『Red Pill Blues』から最初にシングル・カットされたのはシンガー・ソングライターのジュリア・マイケルズとのコラボレーションの成果「Help Me Out」で、同曲はビルボード・ホット100のチャート入りを逃している。

4. 2018年5月、『Red Pill Blues』はアメリカで100万枚以上を売り上げ、プラチナ・アルバムに認定された。

5.「Whiskey」にはラッパーのエイサップ・ロッキーがフィーチャーされている。この曲は彼にとって、ラナ・デル・レイの「Groupie Love」に続くこの年2曲目のコラボレーションだった。

Maroon 5 – Whiskey (Lyrics) ft. A$AP Rocky

Maroon 5 - Whiskey (Lyrics) ft. A$AP Rocky

 

6. 中南米での2日間のステージの後、2018年5月12日から『Red Pill Blues』ツアーのアメリカでの43公演がスタートした。世界中を回るこのツアーは、2019年まで続く予定になっている。

7. 本作は、サム・ファーラーが正式メンバーとなってから初めてレコーディングされたアルバムとなる。彼の父であるジョン・ファーラーは、「Hopelessly Devoted To You(愛すれど悲し)」をはじめオリヴィア・ニュートン=ジョンの大ヒット曲を多く作曲した人物である。

8. スナップチャットのフィルターを使ったような『Red Pill Blues』のアルバム・ジャケットのデザインは、レヴィーン夫妻がこのアプリを好んでいたことから決まった節がある。「アダムと奥さんは、ツアー中のときなどによく写真を送り合っていた」リード・ギターのジェームス・ヴァレンタインはビルボード誌にそう明かしている。「おそらくそこから来ているんだと思う。アダムはよく使っていたからね」

9.『Red Pill Blues』というタイトルは、映画『マトリックス』に由来している。どちらの錠剤を選ぶかで別世界に入るか、抜け出すかが決まるシーンが基になっている。

10. このアルバムのデラックス・エディションには、2015年6月1日に行われたイギリスのマンチェスターでの公演から6曲のライヴ音源が収録されている。

11. Cirkutことヘンリー・ウォルターはザ・ウィークエンドリアーナケイティ・ペリーなどのヒット曲を手がける人物だ。マルーン5とも「Sugar」や「Girls Like You」を共作している。

12.「Girls Like You」のプロモーション・ビデオには、カミラ・カベロ、ガル・ガドット、ティファニー・ハディッシュ、オリンピック選手のアリー・レイズマン、サラ・シルヴァーマン、ミリー・ボビー・ブラウン、エレン・デジェネレスらがカメオ出演している。

Maroon 5 – Girls Like You ft. Cardi B

Maroon 5 - Girls Like You ft. Cardi B

 

13.『Red Pill Blues』は世界中でヒットを記録したものの、チャートで1位を獲得したのは韓国のインターナショナル・チャートのみだった。

14. 本アルバムに対する評価は総じて高く、アメリカの雑誌『エンターテイメント・ウィークリー』は、マルーン5にとって、この10年で一番の作品と評した。

15. セイント・ヴィンセントによる「Girls Like You」の過激なリミックス版は、同曲がクラブの定番曲になることを予期させる。カーディ・Bのラップがリミックス・ヴァージョンでは中心になっており、レヴィーンのヴォーカルは執拗に繰り返されるリフとなっている。

16.『Red Pill Blues』でマルーン5のアルバムは、6作連続で全米10位以内に入ったことになる。

17. アダム・レヴィーンは本作のプロモーション中、もっと子供がほしいと話している。アルバムが出てすぐ、彼には次女が生まれている。「地球上に父であることほど楽しいことはない。たくさん子供が欲しいんだ」と彼は話している。

18. アルバムのプロモーションが始まったばかりの頃、マルーン5のメンバーはジミー・ファロンがホストを務める番組に出演。ニューヨークの地下鉄駅でストリート・ミュージシャンに扮し、「Sugar」とクイーンの「Crazy Little Thing Called Love(愛という名の欲望)」を演奏した。

Maroon 5 Busks in NYC Subway in Disguise

Maroon 5 Busks in NYC Subway in Disguise

 

19.「What Lovers Do」は2017年、名高いロック・イン・リオのフェスで初めて演奏された。

20. ジュリア・マイケルズは本作のツアーの初夏のステージに参加。少し間を置いて、ツアーの最後にもゲストとして出演した。

Written By Mark Elliott


マルーン5 来日記念盤
『レッド・ピル・ブルース+(プラス)』  

  


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss