ロックン・ロールの課題曲、チャック・ベリーの「Rock & Roll Music」

November 18, 2018


ロックン・ロールの課題曲、チャック・ベリーの「Rock & Roll Music」

チャック・ベリーの「Johnny B. Goode」や「Roll Over Beethoven」以外のもうひとつのロックン・ロールの課題曲は1957年11月18日にその存在感を示し始めていた。その日、後代に影響を与える名曲「Rock & Roll Music」がR&Bのチャート入りを果たし、誰にも止められない初期の名作の流れが続くことになる。

rock and roll music 78

この頃までに、チャック・ベリーは2年以上の間で多くのヒット曲を生み出してきた。しかし、注目すべき点は、チェス・レコードからの新しいシングルがR&Bリストに登場するのは10度目だったのに、ポップ・チャートで同様の結果を得たのは彼には半分の5度目だということだ。彼のリズム&ブルースのファンは、「Maybellene」のB面だった「Wee Wee Hours」や、「Too much Monkey Business」と「Brown Eyed Handsome Man」等、このジャンルの中でさらなるヒット曲となっていった。

しかし「Rock & Roll Music」はすべてのラジオ番組制作者を引きつけるほど即効性のある圧倒的なヒット曲で、R&Bとポップのマーケットで大ブレイクするための助けとなった。この曲は一週間早くポップ・チャートに登場し、19週間連続で8位に上昇。最高6位に達している間、R&Bのチャートでも9週間にわたってラインクインした。

知っての通り、この曲は数え切れないほどの若きアーティストたちに大きな影響を与え、彼らは、その一部を彼ら自身のキャリアで追求した。ザ・ビートルズは1964年の『Beatles For Sale』で、ジョン・レノンのエネルギッシュで心のこもったリード・ヴォーカルと、ポール・マッカートニーによる陽気なピアノでこの曲を意味深い方法でカヴァーした。あまり知られていないのは、1973年の『Just Rock & Roll Music』に収録された、チャック・ベリーの仲間であるロックン・ロールのパイオニア的存在のビル・ヘイリー & ヒズ・コメッツの後期ヴァージョンだ。

Rock and Roll Music Beatles

ザ・ビートルズによるチャック・ベリーのカヴァーのベルギー盤スリーヴ

その同じ年、10代の憧れの的存在だったデヴィッド・キャシディがこの曲をカヴァー、ビーチ・ボーイズが『15 Big Ones (邦題: 偉大なる15年)』の一曲として「Rock & Roll Music」に新たな命を吹き込み、1976年にアメリカのトップ10に再び登場させる前に、ハンブル・パイも1975年のアルバム『Street Rats』に収録した。ブライアン・アダムスも彼の2014年のアルバム『Tracks Of My Years』の1曲としてこの曲を選んでいる。

1987年、彼についての映像ドキュメンタリー『Hail! Hail! Rock 'n' Roll (邦題: ヘイル! ヘイル! ロックン・ロール)』の中で、偉大なエタ・ジェイムスがリード・ヴォーカルをとったコール・アンド・レスポンス・ヴァージョンで、チャック・ベリー自身も強力にこの曲を復活させた。いかなる古いやり方で使おうとも、それは「Rock & Roll Music」に違いなかった。

Hail Hail

Written by Paul Sexton



btn_store download_jtunes spotify_logo

「Rock & Roll Music」収録のベストアルバム『The Great Twenty-Eight』を聴く:iTunes / Spotify


UICO-1293

 

『チャック~ロックンロールよ、永遠に。』

btn_storedownload_jtunes

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , , , , ,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *